朝ドラ女優からグラビアアイドルまで…新年はキュートなカレンダーで

2019/01/01 05:00 配信

芸能一般

2019年が幕を開けた。新しいカレンダーは用意しただろうか? 2018年大活躍だった女優やタレント、そして2019年気になるタレントのカレンダーを紹介しよう。

葵わかな

1998年6月30日生まれの現在20歳、神奈川県出身。連続テレビ小説「わろてんか」(NHK総合)でヒロインを務め、ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)では看護師役を熱演し話題に。2019年2月から公演されるミュージカル「ロミオ&ジュリエット」で初舞台、初ミュージカルに挑戦する。

「6作目のカレンダーと数が増えていっていること、また、20歳の年のカレンダーが作れたことがとてもうれしいです。今までのものと見比べていただいてもいいのかなと思いますし、来年1年をぜひ私のカレンダーと過ごしていただけたらなと思います!」とコメント。

永野芽郁

1999年9月24日生まれの現在19歳、東京都出身。2009年映画デビュー。連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合)でヒロイン・楡野鈴愛役を演じた。2019年1月6日(日)スタートの「3年A組-今から皆さんは、人質です-」にも出演。

大きく澄んだ瞳でカメラを見詰める表紙カットや、ベレー帽で優しくほほえむ姿は、毎朝日本中のお茶の間に癒やしを与え、誰からも愛される爽やかな存在感を発揮している。

浜辺美波

2000年8月29日生まれの現在18歳、石川県出身。2018年は「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系)や、「賭ケグルイ」(TBS)ほかなどに出演。2019年も多くの出演映画公開が控えている。

撮影地・ベトナムらしいアオザイを着たカットについて、浜辺は「アオザイは本当にずっと着たかったんです。昨年の写真集の発売の時に『着たい!』ってお願いしたんですが実現しなかったので、1年越しの願いがかないました」と明かす。

高橋ひかる

2001年9月22日生まれの現在17歳、滋賀県出身。「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞。2018年は「高嶺の花」(日本テレビ系)の他、バラエティー番組でも活躍。ファッション誌「Ray」専属モデルにも決定した。

高橋は「これまでは“等身大の自分”という感じだったんですけど、今回は“大人っぽさ”を意識しました。夏に撮ったので夏らしさもあって、とても良いカレンダーになりました!」と笑顔でコメント。

小島瑠璃子

1993年12月23日生まれの現在25歳、千葉県出身。「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞。2018年も数多くのバラエティー番組で活躍。キャスターやリポーターとしての活動も。

タイで撮影されたという今回のカレンダー。小島は「かなりロケがバタバタで、島に行く船が大揺れしたりとか、転覆するんじゃないかというくらい揺れたりとか、いろんなことがあったロケでした。でも出来上がりを見たら、結構今までの中でも一番好きかなという出来になりました」と胸を張った。

グラビアアイドルも (2/2)