デーブ・スペクター、“弁護士ドラマ”人気のきっかけは「橋下徹」と分析

2019/01/09 08:00 配信

ドラマ

アメリカの人気サスペンスドラマ「グッド・ファイト 華麗なる逆転」(全 10 話)が、1月9日(水)よりDVDリリースされる。

シカゴの法律事務所を舞台に、弁護士たちの活躍を描く本ドラマ。2017年からアメリカで配信開始となるや、トランプ政権への問題提起が随所に含まれた内容に、大きな話題を呼び、社会現象を巻き起こしているシリーズだ。

日本でも冬ドラマのラインアップを見ると、「グッドワイフ」(主演・常盤貴子/1月13日[日]スタート・毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)や、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(主演・竹内結子主演/1月10日[木]スタート・毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)、「イノセンス 冤罪弁護士」(主演・坂口健太郎/1月19日[土』スタート・毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系日本テレビ系)など、弁護士を主人公にしたドラマが3本も。

前クールでも「SUITS/スーツ」(織田裕二主演/フジテレビ系)や「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(米倉涼子主演/テレビ朝日系)が放送された。

一方、リドリー・スコットが製作総指揮を務める「グッド・ファイト 華麗なる逆転」は、一話ごとに案件を解決する一話完結ものだが、その“案件”が「イスラム国(IS)」「現職大統領の女性スキャンダル」「ヘイストスピーチ」など、今、国際社会で起こっている事件をタイムリーに扱っている。

さらに、事務所は女性弁護士、黒人弁護士など、社会的マイノリティーに属する人物たちで構成。各案件解決と合わせて、登場人物たちが現職の「トランプ大統領」に対しどのように考えているか、それぞれの意見を語っているところが見どころになっている。

今回のリリースに合わせ、ドラマの舞台と同じシカゴ出身で日米テレビ業界に精通したデーブ・スペクターに、「グッド・ファイト 華麗なる逆転」の見どころを語ってもらった。

デーブが日本の「弁護士人気」を分析 (2/3)

「グッド・ファイト 華麗なる逆転」
1月9日(水)DVD-BOX 発売・DVD レンタル開始
セル:DVD-BOX 9300円(税抜)
レンタル:VOL.1-VOL.5(全10話)
発売・販売元=NBCユニバーサル・エンターテイメント

◆2019年冬ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!