好感度芸人から破天荒芸人に逆戻り…!? 吉村崇「『又吉直樹のヘウレーカ!』を乗っ取るのが夢」

2019/01/09 17:30 配信

よしむら・たかし=1980年7月9日生まれ、北海道出身。徳井健太とのお笑いコンビ・平成ノブシコブシとして活躍するほか、単独でも多数のバラエティー番組に出演中

よしむら・たかし=1980年7月9日生まれ、北海道出身。徳井健太とのお笑いコンビ・平成ノブシコブシとして活躍するほか、単独でも多数のバラエティー番組に出演中

ピース・又吉直樹が日常に潜む疑問をひもとく「又吉直樹のヘウレーカ!」(毎週水曜夜10:00-10:45、NHK Eテレ)。これまでたくさんの専門家の力を借りて数々の疑問の解明に挑んできた同番組だが、ナビゲーターの又吉と共に、番組の雰囲気を和らげる役割を果たしているのが、陽気な声でナレーションを務める平成ノブシコブシ・吉村崇だ。

ザテレビジョンでは今回、吉村崇に直撃インタビューを敢行。ナレーターという一歩引いたポジションから見た番組の魅力から、“まったん”と呼ぶ盟友・又吉との思い出話まで、大いに語ってもらった。

あくまでも、まったん(又吉直樹)の友達の目線で、独り言を言ってる感覚です

――2018年4月から放送が始まり、約8カ月が経ちましたが、吉村さんのナレーションも好評を博していますね。

「おかげさまで、割と評判がいいと言いますか。SNSにも、『ナレーションも楽しく聞いてます』みたいな声が結構届いてますね」

――ナレーションのお仕事の楽しさと難しさを教えてください。

「あんまりやったことがない仕事なので楽しいんですけど、やっぱり難しいですね。僕は北海道出身なので、気付いてない訛りが出てしまったりして、プロのナレーターの方はすごいんだなぁって、改めて思います。でも、本編の映像を見ながら、『まったん(又吉直樹)って、こういうことに興味があるんだ』とか、『今日は疲れ気味かな』とか(笑)、彼の志向だったり、テンションの違いが、だんだん分かるようになってきて(笑)。そういう、まったんのちょっとした変化が見られるのも楽しいですね」

――以前、又吉さんにお話を伺ったときは、「テーマが難しくても、吉村くんがその状況を全体で見ていて、ナレーションでツッコんでくれたりするので、ありがたい」とおっしゃっていました。ご自身でも“視聴者の目線”を意識しているのでしょうか?

「いや、全く考えてないです(笑)。僕はあくまでも、まったんの友達という目線で、強いて言うなら、一人でテレビを見ながら独り言を言ってる感覚、ですかね。もちろん台本はありますし、伝えなければならない情報はちゃんとしゃべりますけど、場面によっては『ここはフリーでお願いします』というところもあるので、そこは割と好きなようにしゃべらせてもらっています」

吉村がお気に入りの回は…? (2/5)

「又吉直樹のヘウレーカ!」
毎週水曜夜10:00-10:45
NHK Eテレにて放送
※再放送は木曜夜0:30-1:15
 
取材・文=佐藤ろまん
 

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物