超特急、ライブBlu-rayをリリース!「8号車(ファンの呼称)さんを笑顔にすることが自分たちのやるべきこと」

2019/01/11 15:31 配信

音楽

1月23日水にBlu-ray「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena」をリリースする超特急。今作は、昨年5月に行われたアリーナツアーから、武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ公演を完全収録したもの。11月に彼らはオリジナル・アルバム「GOLDEN EPOCH」をリリース、12月にはアルバムを引っ提げてのアリーナツアー開催と、怒濤の快進撃で2018年を駆け抜けた。その幕開けとも言える今作に収められたステージについて、超特急のメンバー6人に振り返ってもらった。

超特急の“決意”を詰め込んだステージ

――昨年春に行われたアリーナツアーは、超特急にとってどんなものだったと思いますか?

ユースケ:このアリーナツアーは、僕ら超特急の“決意”が詰まったライブになったと思います。その一つが、360度という新しい見せ方で勝負をしたっていうところ。そして、何より8号車(ファンの呼称)さんを笑顔にすることが自分たちのやるべきことでもあったから、Blu-rayを観てみて、みんなの笑顔があってよかったなと思います。

ユーキ:僕はセットリストの考案にも携わらせてもらったんですけど、このアリーナツアーは、超特急すごい!って言ってもらえるようなライブにしたかったんです。だから、敢えてMCも少なめにして、楽曲を中心にした構成にしたんです。

――ライブでは30曲を披露。しかも、ほぼノンストップだったので、観ている側としてはみなさんの体力を心配しちゃいました(笑)。

ユーキ:自分でもビックリするくらい疲労感がありました(笑)。限界を突破したライブだったというか。初めてライブ中に素に戻るじゃないですけど、自分に戻る瞬間があって(笑)。ある意味、人間味のあるライブだったんじゃないかと思います(笑)。

カイ:(7曲目の)「SAY NO」までの時点で、意外とみんな体力消耗してるっていうね(笑)。

――タカシくんはセットリストを見たとき、まずどんな印象を持ちました?

タカシ:最初にこのセットリストを見たとき、正直できないなって思いました(笑)。でも、できないって思って後ろを向くことは簡単だなって。それをいかにできるようにするかが僕らのやるべきことだし、成し遂げることで自分たちの自信にも繋がると思って…。絶対に成功させたいなって気持ちになりましたね。

タクヤ:でも、本当にみんな全力でライブをしたんだなって感じたのが、終わってステージの袖に掃けた瞬間、全員床に倒れ込んでて…。あんな光景を見たのは初めてでしたね。僕も本当はそうしたかったけど、二度と起き上がれなそうだったのでやめました(笑)。

――Blu-rayを観ていて印象的だったのは、ダンサーチームも踊りながら結構歌詞を口ずさんでるんですよね。特にユースケくんは全力で歌っているように見えました(笑)。

ユースケ:そう、口が動いちゃうんですよ(笑)。超特急の楽曲って、口ずさみたくなるものが多いというか、自然と楽しくなって、表情とか動きに出ちゃうんですよね。本当はもっとメリハリをつけた方がいいとは思うんですけど……。

リョウガ:そんなふうに全力でパフォーマンスしている中で、MCの時間っていうのは大事だよね。休憩っていう意味もありますけど、このときの東京公演では、本来なら横並びで自己紹介をするところを、自分の番以外はステージの端っこに座るっていうのが自然と生まれていて。それはきっと、その場所が8号車しかいない“ホーム”だったから、僕らもリラックスしてたんじゃないかなって。ステージから客席をゆっくりと見渡せた、心休まる時間でした。

ユーキ:8号車のみんなには僕らも元気をもらいます。特に後半の方でみんなが笑っていると、どんなに疲れていても頑張ろうって思えます。

実は、こんなハプニングが… (2/3)

2号車、カイ=1994年9月27日生まれ、神奈川県出身。3号車、リョウガ=1994年10月23日生まれ、神奈川県出身。4号車、タクヤ=1994年11月24日生まれ、東京都出身。5号車、ユーキ=1995年1月2日生まれ、徳島県出身。6号車、ユースケ=1995年12月24日生まれ、神奈川県出身。7号車、タカシ=1996年9月23日生まれ、大阪府出身。超特急史上最大規模の全33公演10万人動員のホールツアー「BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜」が4/20(土)からスタート。1/11金スタートドラマ「ドラマ24『フルーツ宅急便』」(テレビ東京系)エンディングテーマに「ソレイユ」が決定
「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena」
1/23(水)発売 SDR 7980円
収録曲= Overture/超ネバギバDANCE/超えてアバンチュール/OVER DRIVE/ Pretty Girl/No.1/SAY NOほかメドレー含む全30曲
計5万人を動員した春のアリーナツアーから、東京。武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ公演を収録。360度センターステージで踊り、歌い8号車と一体となる彼らの姿を余すことなく収めている


関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース