舞台「FGO」第2弾主演の坂本澪香に初演後緊急取材「少しでも生きる力、エネルギーとなれば」

2019/01/13 12:00 配信

芸能一般

人気RPG「Fate/Grand Order」の舞台化作品として2017年7月、10月に上演された「Fate/Grand Order THE STAGE-神聖円卓領域キャメロット-」(計21公演)。2018年2月発売のBlu-ray&DVDも大きな話題を集めた同舞台の第2弾となる新作「Fate/Grand Order THE STAGE-絶対魔獣戦線バビロニア-」が1月11日より大阪・サンケイホールブリーゼでスタートした。大海将一郎とともにWキャストで主演を務めるのは、舞台3作目となる現役女子高生の坂本澪香(18)。12日にWキャスト女性マスターの初日を迎えた坂本に終演後、緊急インタビューを敢行。初の主演を演じる同作へ懸ける思いを聞いた。

ーー舞台出演3作目にして人気作「FGO」主演。大役を任されどのような思いですか?

坂本澪香(以下、坂本)「主演という大役を頂き、嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。舞台女優としてのキャリアはまだ浅く、1年目ということもあり不安も大きくありました。自分の精神面、技術面、大きく変化していけるように取り組んで行きたいと思っています」

ーー改めて本作「Fate/Grand Order THE STAGE-絶対魔獣戦線バビロニア-」の魅力を教えてください。

坂本「当たり前な事ではありますが、登場人物一人一人それぞれの思いの中で1つの目標に向かって達成していく生き様が魅力的だと思います。その人物の生い立ち、経緯を知って見て頂ければ、もっと世界が広がり、知れば知るほど深くハマっていくのも魅力です。私は普段ゲームをしないのですが、どっぷりとハマりました。この身をもって検証済みです(笑)。またキャラクターも可愛い&格好いいので可愛がりたくなる要素も魅力だと思いますね」

演じる藤丸立香と似ているところは「根性」 (2/3)

舞台「Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-」

2019年1月11日~14日(祝) 
大阪・サンケイホールブリーゼ

2019年1月19日(土)~27日(日)
東京・日本青年館ホール