本仮屋ユイカ「daisuke…」謎のメッセージカードを書いた過去を告白

2019/01/15 20:43 配信

芸能一般

佐賀県が20年ぶりに開発したいちご「いちごさん」を手にする高梨臨と本仮屋ユイカ

佐賀県が20年ぶりに開発したいちご「いちごさん」を手にする高梨臨と本仮屋ユイカ

高梨臨と本仮屋ユイカが、東京・南青山のSHARE GREEN MINAMI AOYAMAに1月15日から期間限定でオープンしたカフェ「GLAMPING CAFE 153(いちごさん)From SAGA」のオープニングイベントに登場した。

「GLAMPING CAFE 153 From SAGA」は、佐賀県のいちご新ブランドとして2018年秋にデビューした「いちごさん」の世界観を、グランピング気分で味わえるカフェ。いちご狩りやいちごバルーン作り体験、オリジナルスイーツ、「いちごさん」にマッチするよう特別にブレンドされたコーヒーなどを楽しむことができる。

いちごのように甘いルックスの生産者が登場

この日の朝に佐賀で採ってきたばかりのいちごを紹介する生産者・寺田和弘さん

この日の朝に佐賀で採ってきたばかりのいちごを紹介する生産者・寺田和弘さん

高梨と本仮屋は“お客様”一組目として、いちごをイメージしたという衣装を身にまとい登場。「いちごさん」の“イケメン”生産者・寺田和弘さんがこの日の朝に佐賀で採ってきたばかりのいちごを試食すると、高梨は「噛んだ瞬間、じゅわっといちごのジューシーさが広がる」とニッコリ。

本仮屋も「真っ赤で艶々だし、形も整っていますね。ほのかに酸味があってすごく華やかな」と絶賛した。

また、いちごにかけて「青春時代に“赤面”した話」を聞かれると、本仮屋は「小学生時代、バレンタインデーに憧れの男の子に書いたメッセージカードに“大好きです”を、なぜかローマ字で“daisukeです”と書いてしまって…渡さす机の中に入れていたら後日友人に見つかり、後日手紙をばらされてしまった」という甘酸っぱいエピソードを披露。頬を赤らめていた。

GLAMPING CAFE 153 From SAGA(グランピングカフェ イチゴサン フロムサガ)
1月15日(火)~1月19日(土)※入場無料
会場=SHARE GREEN MINAMI AOYAMA
【HP】https://www.saga-ichigosan.jp/cafe153

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース