横浜流星、“まつ毛クルンクルン“は生まれつき!幼い頃は「すごくヤンチャでした」

2019/01/17 14:39 配信

映画「愛唄―」に出演する横浜流星、清原果耶、飯島寛騎が歌う特別映像が公開された

映画「愛唄―」に出演する横浜流星、清原果耶、飯島寛騎が歌う特別映像が公開された

横浜流星が主演する映画「愛唄 -約束のナクヒト-」(1月25日公開)の公開に先駆け、1月16日に都内で同作品の“親子試写会”が行われた。

映画「愛唄 -約束のナクヒト-」は、大ヒットした映画「キセキ -あの日のソビト-」(2017年)に続くGReeeeN映画プロジェクト第2弾。人を本気で好きになったことがないまま⼤人になってしまったトオル(横浜)は、ある日突然、自分の人生のタイムリミットを告げられる。本作は、そんなトオルと元バンドマンの旧友・龍也(飯島)、そしてトオルと運命で結ばれた少⼥・凪(清原)の物語だ。

川村監督「リハーサルでこれだけ泣いたのは初めてかも」

本作では、トオルの母・美智子役で財前直見、凪の母・佐和役で富田靖子が出演し、トオル、凪とそれぞれかけがえのない“親子の絆”を演じている。青春映画ながら親子の愛も深く描いた本作の親子試写会には横浜・飯島に加え財前、富田も出席。小学生から父親世代まで幅広い世代の親子を前にトークイベントを行った。

余命が残り少ないことを隠したままのトオルが母と食卓を囲むシーンについて、川村泰祐監督は「監督になって20年になりますが、リハーサルでこれだけ泣いたのは初めてかもしれない。財前さんの言葉で涙が出てきて」と告白。財前が「親として一緒に悩みを共有したいじゃないですか。それが、一番大事なことを、このバカ息子が…」と役を思い出したかように絶句すると、すかさず横浜が「息子の気持ちとして心配をかけたくないっていうが一番にあるんですけど、でも親からしたら隠しごとをしてる時点で心配ですし、言ってくれないとってことですよ…」と“母”を思いやった。

横浜流星&飯島寛騎の幼い頃の思い出は? (2/2)

映画「愛唄 -約束のナクヒト-」
2019年1月25日(金)全国公開
(C)2018「愛唄」製作委員会
配給:東映

「愛唄」特別映像


■横浜流星2019年カレンダー
撮影/日吉永遠
発売日/2018年10月30日(火)
定価 /本体2,500円+税
仕様 /卓上型
発売 /株式会社KADOKAWA
【ネット書店限定 特典付き】
Amazon、 楽天ブックス、カドカワストア、スターダストネットでは、 手帳などの挟んで気軽に持ち運べる、写真付きミニカレンダーを封入。 (書店ごとに絵柄は異なります)

↓Amazon限定版の予約はこちら!

↓スターダストネット限定版の予約はこちら!

↓楽天ブックス限定版の予約はこちら!

↓カドカワストア限定版の予約はこちら!