「3年A組―」女子人気ナンバーワン・里見を演じる鈴木仁『モテた思い出はないです(笑)』

2019/01/22 07:00 配信

菅田将暉演じる高校教師・柊一颯によって教室に閉じ込められた3年A組のメンバーが自殺した生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を探っていく学園サスペンス「3年A組~今から皆さんは、人質です~」(日本テレビ系)。

今回は、第3話で注目を集めた里見海斗役を演じる鈴木仁に直撃インタビュー。撮影現場でのエピソードや自身の高校時代の思い出、役者について語ってもらった。

(以下、1月20日放送の第3話のネタバレ含みます)

「3年A組~今から皆さんは、人質です~」(日本テレビ系)に出演中の鈴木仁

「3年A組~今から皆さんは、人質です~」(日本テレビ系)に出演中の鈴木仁

撮影=コザイリサ

第3話では、景山澪奈を陥れるためのフェイク動画の元となる映像を撮影したのが、クラスの人気ナンバーワン男子・里見海斗(鈴木仁)ということが発覚。一颯の授業により自分の弱さを認めた里見は、ほかの生徒と合わせて殺害されたかに思われたが、実は生きていた…という衝撃的な展開で、視聴者を驚かした。

里見は人間くさいところがあると思います

――「3年A組~今から皆さんは、人質です~」の出演が決まったときの感想を教えてください。

ドラマは「花のち晴れ~花男 Next Season~」(2018年TBS系)以来だったので、またドラマに出られることがうれしかったです。そして里見がこれまでの役より自分に近い、どちらかといえば等身大の高校生だったので早く演じたいと楽しみになりました。「花のち晴れ―」のとき演じた成宮一茶はすごくお金持ちで自分とかけ離れすぎてわけ分からなかったですから(笑)。

――里見海斗はどういう人物だと思いました?

素の自分を見せずに周りにうまく溶け込んで一番いい位置にいる人物、と最初にプロデューサーから説明がありました。自分を偽りつつ、ずっと正解を走っている人気者というイメージですね。でも第3話で、素の里見がバレてしまいましたが…。

自ら犠牲者になることを選択に… (2/5)

すずき・じん=1999年7月22日生まれ、東京都出身。2016年からMEN’S NON-NOの専属モデルとして活躍。2017年に「リバース」(TBS系)で俳優デビュー。「兄に愛され過ぎて困ってます」(2017年日本テレビ)、「花のち晴れ~花男 Next Season~」(2018年TBS系)、映画「心に吹く風」(2017年公開)などに出演。2019年春には映画「4月の君、スピカ。」が公開予定

「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」
毎週日曜夜10:30-11:25 日本テレビ系で放送
【番組公式HPを見る】

関連番組

関連人物