嘔吐(おうと)シーンに挑戦した北川景子「楽しめました!」

2010/10/13 14:54 配信

映画

映画「死刑台のエレベーター」の初日舞台あいさつに出席した北川景子、玉山鉄二、吉瀬美智子、阿部寛(写真左から)

映画「死刑台のエレベーター」の初日舞台あいさつに出席した北川景子、玉山鉄二、吉瀬美智子、阿部寛(写真左から)

映画「死刑台のエレベーター」の初日舞台あいさつが10月9日、都内で行われ、出演者の吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子と、緒方明監督が登壇した。同作は、鬼才ルイ・マル監督による'57年の同名映画を、日本を舞台にリメークしたラブ・サスペンス。吉瀬ふんする医療グループの会長夫人が、阿部演じる医師と不倫関係になり、夫殺害の完全犯罪を企てる。

冒頭とラストシーンに画面いっぱいのアップショットが映し出される吉瀬は「あんなに大きく映るとは知らなくて…ラストシーンは毛穴が見えるほどのアップでした(笑)」と苦笑い。それに対し緒方監督は「53年前にルイ・マル監督が、ジャンヌ・モローで、アップから始まってアップで終わる映画を作ったんです。当時はチャレンジしてる映画だったので、そこは受け継ぎたいと」と熱く語った。

また、劇中で阿部、吉瀬とは別の事件を起こすカップルを演じた玉山と北川。玉山は「本作のエンドロールの時、立てなくなっちゃって。どっぷりと沼に漬かったような気分でした。エンターテインメント作品が多い中、'70年代の良い日本映画を思わせる作品は珍しいなと」と満足げに語った。北川は、嘔吐(おうと)するシーンもあったが「過酷じゃなくて、楽しかったです。どうしたらリアルになるかってメークさんに相談しました(笑)」と、笑みを浮かべた。

最後に、吉瀬は「ジャンヌ・モローというすてきな女優さんがやられた役を演じられてうれしかったです。帰ってオリジナル版を見てもらって、それからまた、本作を見に来ていただければと(笑)」と二度目の観賞をプッシュ。阿部も「サスペンスが面白いなと思うのは、イライラするところです。『そのひも、細すぎるだろう?』とか、突っ込みまくるところです!」とおちゃめにアピールした。

映画「死刑台のエレベーター」
全国公開中

画像で見るニュース