“日本一制服の似合う女子”は藤田ニコル&中条あやみに憧れる中学1年生

2019/02/01 07:00 配信

芸能一般

トロフィーを手に記念撮影に収まる男子準グランプリ・石岡快斗、男子グランプリ・高橋璃央、女子グランプリ・山内寧々、女子準グランプリ・田辺真南葉(写真左から)

トロフィーを手に記念撮影に収まる男子準グランプリ・石岡快斗、男子グランプリ・高橋璃央、女子グランプリ・山内寧々、女子準グランプリ・田辺真南葉(写真左から)

日本一制服が似合う男女を決めるコンテスト「第6回日本制服アワード」の授賞式が1月27日、東京・原宿のベルエポック美容専門学校で開催された。

同賞は、制服ブランド「CONOMi」が主催する「日本一制服が似合う男女を決めるコンテスト」。毎年全国からモデルを募集し、オーディション形式で選ばれたグランプリ、準グランプリは全国で20万部配布されるCONOMiカタログモデル、イメージモデルとして活動する。過去には矢野優花やマーシュ彩、中野あいみ(ふわふわ)らを輩出した。

6回目となる今回は、全国から約3000人の小中高生から応募があり、グランプリ、準グランプリを含む21人の受賞者が決定。「日本一制服の似合う女子」には、モデルとして活躍している埼玉出身の中学1年生・山内寧々が、男子グランプリには新潟出身の高校3年生・高橋璃央が選ばれた。

憧れのモデルは藤田ニコルや中条あやみという山内は、イメージモデルを務めることに「少しでも多くの人にかわいいと思ってもらえるように頑張りたい。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

会場には一般観覧の抽選に当選した約200人の現役中高生が制服姿で来場。各賞授賞式の他、ファッションショーやプレゼント抽選会なども開催され、大盛況の中で幕を閉じた。第7回の制服アワードは2019年初夏ごろに開催予定。

第5回日本制服アワード女子グランプリ・齊藤英里が来場し、「 制服アワードは夢につながる第一歩なので、 これから活躍してほしいです」とエール

第5回日本制服アワード女子グランプリ・齊藤英里が来場し、「 制服アワードは夢につながる第一歩なので、 これから活躍してほしいです」とエール

グランプリやフォトジェニック賞を受賞したのは… (2/3)

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物