注目のシンガー・JUNNA、「もっと上に行くためには、もっと細かく詰める作業が必要と実感した」

2019/01/27 19:00 配信

3rdシングル「コノユビトマレ」を、1月23日にリリースしたJUNNA

3rdシングル「コノユビトマレ」を、1月23日にリリースしたJUNNA

TVアニメ『マクロスΔ』の劇中に登場する“銀河系最強の戦術音楽ユニット”ワルキューレのメインボーカル、美雲・ギンヌメールの歌を担当し、わずか15歳にして華々しいデビューを飾ったJUNNA。2017年6月にミニアルバム『Vai! Ya! Vai!』でソロデビュー、昨年10月には1stフルアルバム『17才が美しいなんて、誰が言った。』をリリースするなど、順調にキャリアを重ねている。そのパワフルでダイナミックな歌唱は、年末から年始にかけて行われた全国5か所のツアー“JUNNA ROCK YOU TOUR 2018-2019〜18才の叫び〜”でも存分に発揮され、会場に駆け付けたファンを熱狂させた。

「これまでのツアー(2017、2018年)はワルキューレの曲もけっこう歌わせてもらっていたんですが、今回はほとんど自分のオリジナル曲だけだったんです。それは私にとっても新鮮だったし、“やっと一人で成り立つライブができた”と思いました。ステージに上がる時の“大丈夫かな?”という不安な気持ちも減ってきましたね。以前はガチガチの状態で1曲目を歌ってたんですけど(笑)、だいぶリラックスしてやれるようになったので」

「コノユビトマレ」は、TVアニメーション「「賭ケグルイ××」オープニングテーマ

「コノユビトマレ」は、TVアニメーション「「賭ケグルイ××」オープニングテーマ

全国ツアーは今回で3回目。一人でパフォーマンスすることにも慣れ、ライブの楽しさも実感できるようになったとか。

「ずっと自分のことだけで精一杯だったんですが、少しずつ周りが見えてきて。照明や演出も意識できるようになったし、バンドメンバーの様子も目に入るようになって、バンドとしてのまとまりも良くなったと思います。お客さんの表情を見るのも楽しいですね。盛り上がるポイントがわかってきて、ステージでやれることも増えてきて…。とにかく、お客さんがいてくれたら大丈夫なんですよ。たとえばMCが途中で止まっちゃっても、ちゃんと反応してくれるので(笑)」

一体感のあるライブを続けたい

もともとロックが好きで、スタンディングの会場も大好きというJUNNA。彼女にとってライブの醍醐味とは、観客との一体感だという。

「aikoさんが好きなんですが、ライブに行くと、スタンディングの会場でも花道をつくって、ステージと客席の距離がすごく近いんですよ。私もお客さんがすぐそばにいるほうが楽しいし、一体感のあるライブを続けたいなって。いまやってみたい会場は、日比谷野外音楽堂。野外で歌ったことがあまりないし、ロックなことも、しっとりと聴かせることもできる会場だと思うので。(地元の)ナゴヤドームですか? いつかは凱旋ライブをやってみたいです。もちろん、まだまだ遠い夢ですけどね」

新曲「コノユビトマレ」は、TVアニメ『賭ケグルイ××』OPテーマ (2/2)



【JUNNA 公式ホームページ】https://junnarockyou.com/jp/
【JUNNA 公式Twitter】https://twitter.com/junnarockyou

★「賭ケグルイ」シリーズ特別対談〜浜辺美波 × 早見沙織
【My Girl vol.26 “VOICE ACTRESS EDITION"】https://amzn.to/2ThJYC3

関連番組

関連人物