田中れいな、ワンマンライブで新曲3曲を初披露!まさかのハロプロ“あの曲”も

2019/02/01 06:00 配信

2日間、3公演のワンマンライブを行った田中れいな。前回の2018年9月のライブに続き、新たに3曲の新曲を披露した

2日間、3公演のワンマンライブを行った田中れいな。前回の2018年9月のライブに続き、新たに3曲の新曲を披露した

photo by yosuke tsuji

モーニング娘。OGの田中れいなが、1月25日、26日の2日間、東京・新宿BLAZEでワンマンライブ「れーな100%!vol.4 アクロディーバ・」(・は白抜きハート)を開催し、新曲3曲を初披露した。

田中れいなは2003年、モーニング娘。に6期メンバーとして加入。つんく♂が「モーニング娘。の理想に一番近い」と述べた才能で、デビュー曲「シャボン玉」(2003年)ではいきなりセンターに抜擢されている。以降も持ち前の歌唱力、気の強さも見える愛らしいルックスで人気を集め、特に高橋愛リーダー期以降はほとんどの曲でメインボーカル、リードボーカルを務め、エースとしてグループを引っ張ってきた。

現在は歌手活動と女優業を並行させており、今回のソロライブは2018年9月以来の久しぶりのステージ。しかし、舞台、ミュージカルで磨き抜かれた歌唱力、表現力はむしろ現役時以上のパフォーマンスと言え、11月の弊誌インタビューで「毎回新曲を増やしていきたい」と話してくれたことも有言実行。3曲の新曲を追加して、田中らしい熱くて楽しいライブを見せてくれた。

ウィスパーボイスが響く妖しい新曲「JOKER」

今回のライブもDA PUMPKENZOがダンスプロデュースを担当。4人の女性ダンサー“れいなーず”が共に立ち、田中のパフォーマンスをさらに煌びやかに盛り上げた。「ダンサーと共に作るステージ」は今の田中が目指す形の1つで、ダンサーとの一体感は、歌だけでなく、「ステージング全部を楽しんでもらう」という意識が強く感じられるところだ。

昼公演は金の煌びやかな衣装で登場。こちらは昨年のハロコン、OGコーナーで披露した衣装。見られなかった人には嬉しいところだった

昼公演は金の煌びやかな衣装で登場。こちらは昨年のハロコン、OGコーナーで披露した衣装。見られなかった人には嬉しいところだった

photo by yosuke tsuji

プラチナ期の名曲「みかん」(2007年)からスタートし、昨年9月に披露した「別に、好きじゃないし」、田中れいな作詞曲の「ギラギラ伝説」。MCを挟み、新曲の「JOKER」が初披露され、「恋愛ハンター」(2012年)へと。

「JOKER」は、韓流をテーマに発注された楽曲で、本人の要望で振り付けにもK-POPガールズグループの格好良いセクシーさが取り入れられている。田中好みのマイナー調の妖しいメロディが耳に残り、随所に入る彼女のウィスパーボイスもたまらない楽曲だ。

「指の隙間かられいなさんを見つめてください」と、JOKERポーズをレクチャーするほのかちゃん。新曲「JOKER」の振り付けも担当した

「指の隙間かられいなさんを見つめてください」と、JOKERポーズをレクチャーするほのかちゃん。新曲「JOKER」の振り付けも担当した

photo by yosuke tsuji

MCではこの「JOKER」の曲コンセプトの話と共に、みんなにも一緒にやってもらいたい“JOKERポーズ”を、振り付けを担当したダンサーのほのかが照れながらも一生懸命にレクチャー。その様子に田中は、くしゃっとした可愛い笑顔を見せていた。

バラエティに富んだセットリスト (2/3)

■NEXT LIVE「田中れいな単独公演〜れーな100%!vol.4 アクロディーバ♡」
2月9日(土) 埼玉・HEAVEN'S ROCK

■田中れいな公式
【HP】www.tanaka-reina.com
【Instagram】tanakareina.lovendor
【Twitter】 @ganbareina11
【Blog】 https://ameblo.jp/tanakareina-blog/

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物