「トクサツガガガ」ガガガっと1位に! 特撮オタクたちの”名言”が深い…!【視聴熱ウィークリーTOP3】

2019/02/04 19:00 配信

ドラマ

丹羽庭の人気漫画を小芝風花主演でドラマ化。視聴熱デイリーランキングでもたびたび1位になるなど、大反響を呼んでいる

丹羽庭の人気漫画を小芝風花主演でドラマ化。視聴熱デイリーランキングでもたびたび1位になるなど、大反響を呼んでいる

WEBサイト「ザテレビジョン」では、1月28日~2月3日の「視聴熱(※)」ドラマ ウィークリーランキングを発表した。

1位「トクサツガガガ」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合)30031pt

2月1日に第3話が放送され、今回も“オタトーク”に共感の声が続々と上がった。さらに、3日には第1話~3話が一挙再放送され、リピート視聴と見逃がしていた視聴者でSNSが盛り上がった。

第3話は、叶(小芝風花)は、特撮オタクが会社の誰かにバレたのではと不安な日々を送っていた。そこで、同じ特撮オタクの吉田(倉科カナ)からアドバイスを受け、特撮に登場した俳優のファンである会社の同僚・ユキ(武田玲奈)を仲間に引き込もうとする。ある日、ヒーローショーに行った叶は、同僚の北代(木南晴夏)に遭遇し、いい年をした大人が見苦しいとなじられてしまう。

叶と吉田が共に好きな特撮ドラマ「獅風怒闘ジョウショウワン」に登場した“追加戦士”(物語の途中で加わる戦士のこと)についてトークを繰り広げる場面は、その白熱ぶりや反応、指摘ポイントが「わかる~」との声が。

叶と行ったヒーローショーでの「今のヒーローは今しか会えないんですよ」という吉田のせりふにも反響があった。

また、「リアルっていうのはさ、オタクたちから容赦なく金と時間を奪い取っていくんだよ」と言う叶に、特撮仲間で小学3年生のダミアンこと拓(寺田心)が「なんかリアルってまるで怪人だね」とつぶやいたことも、「名言」「深い」との感想が寄せられた。

8日(金)放送の第4話では、秘密の趣味を抱えていた北代とのストーリーが展開する。

深田恭子、中村倫也から頭ポンポン&永山絢斗からバックハグされ、横浜流星は嫉妬 (2/2)

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆

 
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連ニュース

画像で見るニュース