古田新太&杉本哲太が5年ぶりに“隠蔽捜査”

2019/02/08 14:18 配信

ドラマ

竜崎伸也(杉本哲太)と伊丹俊太郎(古田新太)のコンビが難事件に立ち向かう

竜崎伸也(杉本哲太)と伊丹俊太郎(古田新太)のコンビが難事件に立ち向かう

3月11日(月)放送の月曜名作劇場「今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~」(夜8:00-10:00、TBS系)で、杉本哲太と古田新太がW主演を務めることが分かった。

同作は、今野敏の「隠蔽捜査シリーズ」をドラマ化したもので、事件解決の謎解きとスリル、そして警察内部の対立と闘争をスリリングに、そして痛快に描く異色の警察ミステリー。TBS連続ドラマとして2014年1月期に放送され、今回5年ぶりに2時間ドラマとして復活する。

主要キャストは連続ドラマと同じメンバーが再集結。杉本が信念を貫くエリート警察官僚・竜崎伸也警察庁長官官房総務課長を、そして竜崎と相反し人当たりがよく、ものわかりのいい男・伊丹俊太郎警視庁刑事部長を古田が演じる。

今回は、階級や上下の面子に一切こだわらず降格をも恐れない竜崎と、本音と建前を使い分け周囲を気遣い、物事全てに柔軟な対応をする伊丹を軸に、警察内の権力闘争、人間関係、そして家庭の事件を多彩なキャストで描く。

共演には竜崎の妻・冴子役に鈴木砂羽、あくの強い個性派刑事・戸高善信役に安田顕、そしてドラマオリジナルキャラクターで、竜崎と伊丹の同期であり出世競争で一歩リードしている警察庁長官官房長・上條貴仁役に生瀬勝久が名を連ねている。

ストーリー

大森北署署長・竜崎伸也(杉本)は、ストーカー対策チームの編成に追われていた。年々増加傾向にあるストーカー事件で警察の対応が遅れ、殺傷事件に発展してしまうのを防ぐための組織作り。この取り組みをいち早くマスコミ公表したい警察庁長官官房長の上條貴仁(生瀬)は、各方面に檄を飛ばす。

しかし、人選にベストを尽くそうとこだわる竜崎だけが期限を守れず「これ以上の遅れは許されない」と督促を受けていた。メンバーに選出した刑事・戸高善信(安田)の了承が得られず難航していたのだ。

時を同じくして竜崎の家庭でも問題が起きていた。娘・美紀(三倉茉奈)が交際相手からストーカー行為を受けているという話を妻の冴子(鈴木)から聞く。その交際相手とは竜崎の元上司の息子だった。事件は職場でも、家庭でも起きていた。

一方、警視庁刑事部長の伊丹俊太郎(古田)も窮地に陥っていた。たまたま乗った電車で痴漢と間違われ、竜崎の部下・根岸紅美(高山侑子)に逮捕され大森北署に連行されてしまう。

そんな中、大森北署管内で殺人事件が発生。被害者ともめていた男女二人が行方不明になる。目撃証言から、行方不明の女性は失踪届が出されている寺川真智子(佐野ひなこ)と推測。真智子は、大森北署のストーカー相談窓口に被害の相談をしていたことが判明する。

世間からの強い風当たりを避けようとする上條ら上層部と、事件の解決を最優先しようとする竜崎と伊丹らがまたしても捜査方針を巡って対立することに。殺人事件とストーカーは関連があるのか? そして行方不明の男女二人とは誰なのか…。

キャスト・スタッフからのコメントも到着! (2/2)

月曜名作劇場「今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~」
3月11日(月)夜8:00-10:00
TBS系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース