石原さとみ「完全に欲の塊の作品」初共演の吉田鋼太郎らと5人芝居に挑戦

2019/02/10 08:10 配信

舞台「アジアの女」で主演する石原さとみ(写真上段中央)、吉田鋼太郎(同右)、山内圭哉、矢本悠馬、水口早香(写真下段左から)

舞台「アジアの女」で主演する石原さとみ(写真上段中央)、吉田鋼太郎(同右)、山内圭哉、矢本悠馬、水口早香(写真下段左から)

石原さとみが、吉田鋼太郎演出・出演の舞台「アジアの女」で主演を務める。

本作は、長塚圭史が2006年に書いた戯曲。主演の石原は、ドラマや映画で主演を務め活躍しながらも、舞台への並々ならぬ意欲を持っており、2018年2月には4年ぶりとなる舞台「密やかな結晶」に主演した。さらに演劇表現のとりこになった石原が、これまでにない新たな物語・役柄に挑戦。吉田とは初共演となる。

また、吉田は「悪魔の唄」(2005年)、「SISTERS」(2008年)、「ツインズ」(2015年)など、長塚が作・演出を務める作品にたびたび出演してきた。自身の劇団AUNでは長年シェイクスピア作品の演出を手掛け、2017年からは蜷川幸雄さんの後を継ぎ彩の国シェイクスピア・シリーズの芸術監督として手腕を見せ、演出家としての評価も高まっている吉田だが、満を持して盟友・長塚の戯曲に挑む。

ほか、山内圭哉矢本悠馬水口早香が出演。全5人の出演者で濃密な舞台空間を作り上げる。

9月6日(金)~29日(日)まで、東京・渋谷のシアターコクーンで上演。東京公演のみとなる。

あらすじ

大災害によって壊滅した町で半壊した家に住み続ける兄と妹。兄・晃郎(山内圭哉)は酒浸りとなったが、かつて精神を病んでいた妹・麻希子(石原さとみ)はむしろ回復しつつある。

そんな中、書けない作家・一ノ瀬(吉田鋼太郎)が現れ、元編集者の兄に「物語を書かせろ」と迫る。麻希子に思いを寄せる巡査の村田(矢本悠馬)は、家を出ない兄妹の世話を焼き見守っている。

純粋さと狂気のハザマにいる麻希子。麻希子は「ボランティア」と称した売春組織元締めの鳥居(水口早香)の誘いに乗り、生活のため働きだす。ついに家を出る麻希子、出る事が出来ない晃郎、そして麻希子をモデルにした物語を書き出す一ノ瀬だったが…。

石原さとみ「ワクワクした前のめりの気持ちでいっぱい」 (2/3)

舞台「アジアの女」
9月6日(金)~9月29日(日)
会場=東京・シアターコクーン
作=長塚圭史
演出=吉田鋼太郎
出演=石原さとみ、山内圭哉、矢本悠馬、水口早香、吉田鋼太郎
主催・企画制作=ホリプロ
チケット先行発売=5月予定
公式サイト=http://hpot.jp/stage/asia2019



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物