山崎賢人、映画「二ノ国」で声優初挑戦!「ワクワクしながら、楽しみながら臨みたい」

2019/02/09 21:55 配信

映画

俳優の山崎賢人が、今夏公開のアニメーション映画「二ノ国」で声優に初挑戦することが明らかになった。山崎は、声優への挑戦を「“一ノ国”から“二ノ国”に行くような、そんな自分にとってのファンタジー」と例え、「ワクワクしながら、楽しみながら収録に挑みたい」と意気込む。

構想10年、一流クリエーターが集結

映画「二ノ国」は、レベルファイブ製作のゲーム「二ノ国」(2010年)が原作。現実(=“一ノ国”)と、隣り合わせなのに全く違う“もう一つの世界”(=“二ノ国”)を舞台に展開するファンタジーだ。

映画版は、構想10年の末に制作発表にこぎつけた。「妖怪ウォッチ」シリーズやゲーム「二ノ国」などを手掛けたレベルファイブの日野晃博氏が製作総指揮と原案・脚本を務め、スタジオジブリやスタジオポノックで活躍しゲーム「二ノ国」のアニメーションパート演出も担当した百瀬義行氏がメガホンをとる。

だが、日野氏が「今回はゲームが原作であるものの、映画はまったく内容が違う。クロスメディア作品の新しいアプローチになるのでは」と語る通り、新たな舞台・キャラクター設定で映画オリジナルのストーリーが展開する。

舞台は現代の日本。山崎演じる主人公の高校生・ユウと、その親友・ハルが、幼なじみの女子高生・コトナをめぐる事件をきっかけに、2つの世界を行き来することに。現実と二ノ国に存在する“2人のコトナ”に命の危険が同時に迫る中、ユウとハル、コトナは「二ノ国」をめぐる“究極の選択”を迫られる。

日野氏「山崎賢人という俳優が大好き」熱烈ラブコール! (2/3)

アニメーション映画「二ノ国」
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
主演:山崎賢人
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
(C)映画「二ノ国」製作委員会
2019年夏公開

山崎賢人DVD付きメモリアルBOOK「Scene #20」大好評発売中
お買い求めはこちらのページからご購入いただけます

キーワード