日露戦争時代の“ロミオとジュリエット”「ソローキンの見た桜」の切ない予告編が公開

2019/02/10 11:39 配信

映画

予告編にはロシア・サンクトペテルブルクの映像も!

予告編にはロシア・サンクトペテルブルクの映像も!

3月22日(金)公開の映画「ソローキンの見た桜」の本予告映像が公開された。

本作は、日露戦争時代の愛媛・松山のロシア兵捕虜収容所を舞台にした、日本人看護師・ゆい(阿部純子)とロシア兵将校のソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の恋物語。

今回公開されたのは、戦争に翻弄(ほんろう)され、気持ちが揺れ動く二人を描いた予告編映像だ。

映像は、今からおよそ100年前、日本とロシア帝国が大陸の利権を争って戦った日露戦争の凄惨(せいさん)な映像から始まる。

戦地で捕虜となり松山へとやって来たものの、ハーグ条約によって、観劇や温泉入浴など、比較的自由な生活を送っていたロシア兵たち。

そんな中で出会った、看護師として働くゆいとソローキンは次第に引かれ合っていくが、戦争できょうだいを亡くしていたゆいは、戦時下であり敵国同士という複雑な胸中をソローキンに涙ながらに訴える。

しかし、二人の気持ちは揺るぎないものとなり、ゆいの手をとって疾走するソローキンの姿が。

だが、次のシーンでは力づくで引き話されてしまうという、まさに日露戦争時代の“ロミオとジュリエット”と言える二人の姿が切なさを感じさせる映像となっている。

映像には、ゆい役の阿部が一人二役で演じた2018年を生きる駆け出しのテレビディレクター・桜子の姿や、桜子の先輩・倉田役の斎藤工がカメラを構えるシーンも収められている。

映画「ソローキンの見た桜」
3月22日(金)公開
(C)2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

■予告編



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!