新曲「ソレイユ」をリリースする超特急、「今回もやっぱりタカシの声が入って超特急らしくなりました」

2019/02/15 08:00 配信

芸能一般

バレンタインをテーマに撮影

バレンタインをテーマに撮影

撮影=諸井純二

2月20日(水)に新曲「ソレイユ」を配信&アナログ盤でリリースする超特急。この曲は、フォークシンガーの高田渡を父に持つマルチ弦楽器奏者・高田漣が作詞作曲を担当。すでにドラマ24「フルーツ宅配便」(テレビ東京系)のエンディングテーマとしてオンエアされており、これまでの超特急にはない曲調と世界観が話題となっている。そこで、今回のインタビューでは、彼らにとって新たな挑戦ともいえる「ソレイユ」の制作秘話に迫るとともに、目前に迫ったバレンタインについてもたっぷり語ってもらった。

初めて「ソレイユ」を聴いたときは、自分たちにできるのか心配でした(リョウガ)

――新曲「ソレイユ」は、これまでの超特急の楽曲の中にはない曲調が印象的でした。まずはリーダーのリョウガくんから、この曲を初めて聴いたときの感想と、この楽曲を超特急の新曲としてリリースすることに対してどう感じたかを教えてください。

リョウガ:初めて聴いたときは、こうきたか!?って驚きましたね。曲の雰囲気もそうだし、高田漣さんというすごい方が制作してくださったっていうことにもビックリして。でも、最初はちょっと心配もありましたね。高田さんに失礼のないようなパフォーマンスが、果たして自分たちにできるのか!?っていう。いろんな意味でプレッシャーを感じていました。

タクヤ:僕も、この曲を自分たちでやるというのが想像できないっていうのが正直なところでした。でも、聴き込んでいくにつれて耳に馴染むというか、グッと引き込まれるところもあったりして、どんどん好きになっていきました。

リョウガ:タカシももともとこういうちょっとレトロな曲が好きなので。きっと楽しく歌えるだろうなっていうふうには感じました。

――そんなタカシくんは、ボーカルとしてこの曲をどう聴きましたか?

タカシ:僕、親の影響もあって昔ながらの楽曲やJ-POPが大好きなんですよ。確かに僕らがやってきたものとは違うけど、日本の楽曲が昔から大切にしてきた部分を受け継いでいる印象があって、そこが逆に、超特急にとっては新鮮というか。そういう曲を僕たちが歌うのは、すごく面白いことだなと思いました。

――ユースケくんはどうでしょう。皆さんはよく「タカシの声が入ると超特急になる」とおっしゃっていますが、それは今回の「ソレイユ」も同じでしたか?

ユースケ:今回もやっぱりタカシの声が入って超特急らしくなりました。何か、こういうジャンルをやるのは同世代のグループでも少ないと思うので、超特急にとってはまた新たな武器になるんじゃないかなぁと思っています。

タカシ:でも、最初にいただいたのが、高田漣さん歌唱のデモだったんです。そのイメージが強くて、自分が歌うときにどういうふうに色をつけたらいいんだろうっていうのは、ちょっと考えました。レコーディングの前に直接お会いして、歌い方やキーのチェックをしていただいたんですけど、そのおかげで自分らしい歌い方ができるようになったと思います。

――ちなみに、新しい曲についてメンバー間であれこれ話をすることはあるんですか?

カイ:「ソレイユ」のときは、ドラマのエンディングテーマで、曲は高田漣さんが作ってくださるっていうのをみんなで聞いて。そのときはまだ曲はなかったんですけど、「あの高田漣さんが!?」って感じでしたね。実際の曲はその後に個々に送られてきて、それぞれが聴いて自分の中で噛み砕くって感じ(笑)。でも、それは他の曲のときも同じで、どう感じたかみたいなのはこういう取材のときに知ることが多いですね(笑)。

――この曲の振りはもうついているんですか?

ユースケ:ゆくゆくはつくと思うんですけど、今はまだです。高田さんの歌詞ってすごくオシャレで。歌詞が一つのストーリーになっていて、ダンサーとしては、そこをどう表現していくのか、すごく楽しみです。

ユーキ:ストーリー調のダンスもできそうだよね。明るくて、心動く感じのテンポに負けないくらいのパフォーマンスで表現できたら面白そう。でも、高田さんはすごいんですよ。超特急はダンスをするからって、最近の洋楽もチェックして、そのエッセンスもすごく意識して入れてくださったそうなんです。

超特急のメンバーが“主題歌”と聞いて思い浮かべる楽曲は? (2/4)

「ソレイユ」2/20(水)リリース SDR 2160円(アナログ盤)
収録曲●ソレイユ (超特急)/2.ソレイユ (高田漣)
現在放送中のドラマ24「フルーツ宅配便」(テレビ東京)エンディングテーマ
2号車、カイ=1994年9月27日生まれ、神奈川県出身。3号車、リョウガ=1994年10月23日生まれ、神奈川県出身。4号車、タクヤ=1994年11月24日生まれ、東京都出身。5号車、ユーキ=1995年1月2日生まれ、徳島県出身。6号車、ユースケ=1995年12月24日生まれ、神奈川県出身。7号車、タカシ=1996年9月23日生まれ、大阪府出身。超特急史上最大規模の全33公演10万人動員のホールツアー「BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 「EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜」が4/20[土]からスタート

関連人物