<3年A組>菅田将暉「生徒はモノじゃない!」熱い台詞に視聴者“涙”「演技と思えない…」

2019/02/18 10:45 配信

ドラマ

「3年A組-今日から皆さんは、人質です-」第7話より (C)NTV

「3年A組-今日から皆さんは、人質です-」第7話より (C)NTV

菅田将暉主演ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第7話が2月17日(日)に放送された。「不治の病を患っている」と告白していた柊一颯(ひいらぎ・いぶき=菅田)。柊が命を削りながら武智大和(田辺誠一)に“教師の役割”を語る姿に、多くの視聴者が心を震わせている。 (以下、ネタバレがあります)

卒業間近の私立・魁皇高校を舞台に、3年A組担任教師の柊がクラス全員を人質に取り、“最後の授業”と称してクラスメート・景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を生徒に考えさせる、という本作。第7話では、立てこもり7日目が描かれた。

柊は、澪奈を追いつめたフェイク動画の作成を依頼したのが武智だと主張。武智を名指しして「今日の課題はずばり武智先生にやってもらおうと思いまして」「すべての罪を自白してください」と迫り、さもなくば「あなたの大切にしているものを奪います」と宣戦布告した。

生徒の中には武智をかばうものも現れ、教室内では議論が巻き起こる。柊は、刻一刻と悪化する痛みを必死にこらえながら生徒たちを受け止めた。

柊VS武智 熱いメッセージ!

武智を校舎に呼び出し、直接対決に臨んだ柊。武智はそれまでの人懐っこくコミカルな仮面を脱ぎ捨て、どす黒い感情をむき出しに「詰めが甘いんだよ!!そんなことで僕を追いこもうとしたって無駄だ」とかみついた。

そんな武智に、柊は「約束通り、あなたの大切なものをいただきました。名声と権威」と宣告。2人のやりとりはすべて、SNSでライブ配信されていたのだった。

自暴自棄になり「商品価値のないやつに用はないんだよ」と生徒を切り捨てた武智に、柊は痛みに身をよじりながら「生徒はモノじゃない!人間だ」「俺たちが導いてやらなきゃならない、もろくて未完成な人間なんだよ!」「寄り添って一緒に答えを探す。それが教師の務めだろう」と、教師としての矜持を口にした。

菅田将暉の熱演ぶりに絶賛の声!「仮面ライダーW」ファンも感激 (2/4)

◆2019年冬ドラマまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース