“アイドル×アニメ”インタビュー!虹コン・根本凪、不登校から立ち直れたヒーリングアニメとは?

2019/02/28 07:00 配信

アニメ

虹のコンキスタドールの根本凪。「テニスの王子様」から始まったアニオタへの道を語ってくれた

虹のコンキスタドールの根本凪。「テニスの王子様」から始まったアニオタへの道を語ってくれた

虹のコンキスタドールの鶴見萌、根本凪、岡田彩夢を直撃した“アイドル×アニメ”インタビュー。今回は鶴見と双璧のアニオタ、根本凪に話を聞いた。

【“アイドル×アニメ”インタビュー!虹コン・岡田彩夢、初恋が散った「PSYCHO-PASS」のホロ苦い思い出 より続く】

今は虹コンの中心メンバーとしてグラビアでも活躍する根本だが、高校時代は引き籠って不登校になっていたという過去がある。その時期の辛い心を癒やし、立ち直らせてくれたのがアニメだったという。そんな彼女がお薦めするヒーリングアニメとは?

「テニスの王子様」は作る楽しさを教えてくれたアニメ

――まず、アニメにハマったきっかけから教えてください。

根本:きっかけとかの覚えが全くないです(笑)。ネット環境を与えられるのが早くて、小1くらいからYouTubeを漁って、色んなアニメ関係の動画を見てたんですよ。ただ、深夜アニメをきちんと見たのは「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」(2011年)が最初かもしれないです。やっぱり女の子にとってアイドルものって入りやすいし、可愛いくってキラキラしてるのを見るのは楽しかったですね。

それから深夜アニメを見るようになって、がっつりハマったのが「テニスの王子様」(2001年)。これは帰省した姉が見ていたのを一緒に見たのがきっかけで、一瞬でどハマりしました(笑)。漫画を買って、ミュージカルを見に行ったり、オタクとして一番楽しかったのがこの頃ですね。

――ヲタ活としてはどのようなことを?

根本:鉄板なんですけど、アニメイトやコミケに行ったり。子供だったからあまり東京のイベントには行けなかったんですが、ミュージカルは地元の茨城でもライブビューイングがあったので楽しめました。あとは、漫画やイラストを描いてましたね。

「テニプリ」は見るだけでなく、作る楽しさを教えてくれた作品です。でも、その時期が黒歴史だなって思う時もあるのですが、あの頃は夢中で絵を描いていて、そういう純粋な気持ちを取り戻したいと思う時がありますね。

――今は変わってしまいましたか?

根本:大人になって、正気に戻ったのかな(笑)。だけど、夢中になれるものには違いないから、今は1つの作品に絞って、その沼の住人みたいになれればと思っています。

アニメで救われた高校時代 (2/3)

■エイプリルフール企画イベント
4月1日(月)東京・渋谷WWW

■虹のコンキスタドール公式HP&Twitter
【HP】2zicon.tokyo/
【Twitter】@2zicon

■根本凪公式Twitter
【Twitter】@nemoto_nagi

■岡田彩夢公式Twitter
【Twitter】@okada_ayame

■鶴見萌公式Twitter
【Twitter】@tsurumi_moe

◆5周年イヤー突入!!虹のコンキスタドールまとめ◆

◆2019年冬アニメまとめ◆

◆2019年春アニメまとめはコチラ◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース