手軽さ、コスト、パフォーマンス、使いやすさ… 「録画テレビREAL」と「通常のテレビ」を比べてみたPR

2019/03/01 11:50 配信

芸能一般

 

 

※画像はイメージです

三菱電機のブルーレイ・ハードディスク内蔵液晶テレビ「REAL」。2018年12月から開始された新4K衛星放送が受信できる「REAL 4K」も登場して、ますますさまざまなコンテンツが楽しめるようになってきた。

しかしながら、「REAL」と「通常のテレビ」との違いは何なのか。新生活のスタート時期だからこそのポイントを踏まえつつ、「REAL」と「通常のテレビ」を手軽さ、コストパフォーマンス、使いやすさ、スペースにおいて比べてみた。 

「手軽さ」で比べてみた

「見る」「録る」「残す」の3つの機能が、1台に集約されているのが「REAL」の最大の特長。1台あればテレビの視聴も録画も、ダビングさえもできてしまう。しかし、「通常のテレビ」ではそうはいかない。

通常の液晶テレビでは、録画をするのにもブルーレイを見るのにも、外付けハードディスクやブルーレイプレイヤーが必要になる。さらに、そうした機器を揃えた後も、それぞれの機器をつなぐ配線をしなければならないのだ。

 

 

外付けハードディスクやブルーレイプレイヤーを買い揃えたり、1から配線をしたりしなくてはいけない手間を考えると、アンテナケーブルと電源ケーブルをつなぐだけでセットアップが完了する「REAL」は、まさに“お手軽”といえる。

 

 

また、「REAL」の利点はもう1つある。配線が2本だけなので、驚くほどテレビ周りがスッキリとするのだ。「通常のテレビ」では、ブルーレイレコーダーとハードディスクをテレビにつながなくてはいけないため、テレビの背面はどうしてもケーブル類でごちゃごちゃになってしまう。「テレビの背面の配線は、どれがどれにつながっているのか分からない!」という人も多いはずだ。

 

 

さらに背面の空間がスッキリすると、配線部分に溜まってしまうほこり類の掃除もとても楽になる。テレビ周りのほこり類は、コンセント部分の発熱から火事やボヤの遠因にもなりやすい。そういった意味でも、配線部分の掃除が楽になるのは嬉しいところ。「REAL」は掃除の手間も減らしてくれるといえるだろう。

「手間なく新生活をはじめたい!」という人にとって、「REAL」はまさに救世主といってもよいアイテムなのだ。

 

 

↓↓↓三菱録画テレビ「REAL」シリーズや4Kコンテンツの魅力に迫る特設サイト↓↓↓