「からくりサーカス」に神谷浩史、三宅健太、かないみからの出演が決定!古川登志夫は4役演じ分けを語る

2019/03/08 12:00 配信

アニメ

4月より3クール目に突入する「からくりサーカス」。神谷浩史、かないみか、三宅健太ら追加キャストが発表された

4月より3クール目に突入する「からくりサーカス」。神谷浩史、かないみか、三宅健太ら追加キャストが発表された

(C)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

放送中のアニメ「からくりサーカス」の追加キャストに、神谷浩史、三宅健太、かないみか、佐藤健輔、陶山章央が発表され、作品ファンへのメッセージが寄せられた。また、現在作中で4役に就いている古川登志夫から、各役の演じ分けにまつわるコメントが到着した。

“真夜中のサーカス”崩壊後、フェイスレスによって作られた自動人形の幹部“最後の四人”を演じるのが、三宅、かない、佐藤、陶山の4人。ハープを持った美青年の自動人形・クピディアーを神谷が演じる。

また、古川はベテランの味で、白金(パイ=ジン)、ディーン・メーストル、才賀貞義、フェイスレスを演じ分けている。「各キャラが一度ずつ豹変するだけでも、8種類のキャラの演じ分けを求められるようなところがある」とその難しさを表現。「注意したのは『言い方』や『口調』を工夫するのではなく『感情』や『思い』を探るということ」と、役に入る際のこだわりを語ってくれた。

「からくりサーカス」は、不治の病・ゾナハ病の元凶たる自動人形たちと、主人公の少年・才賀勝、中国拳法の使い手・加藤鳴海、マリオネットの使い手・しろがねたちとの戦いを描いたバトルファンタジー。勝の出自が明らかになり、4月の3クール目から、物語はいよいよクライマックスに突入する。

神谷浩史らのメッセージはこちら (2/3)

■アニメ「からくりサーカス」
毎週木曜夜10:30 TOKYO MXほか

<スタッフ>
原作:藤田和日郎(少年サンデーコミックス/小学館刊)
監督:西村聡 シリーズ構成:井上敏樹、藤田和日郎
キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博
美術監督:清水友幸 色彩設計:堀川佳典 
撮影監督:魚山真志 CGI ディレクター:高橋将人
編集:神宮司由美 音楽:林 ゆうき 音響監督:三間 雅文
アニメーション制作:スタジオヴォル 製作:ツインエンジン

<キャスト>
才賀勝:植田千尋 加藤鳴海:小山力也
才賀しろがね:林原めぐみ 阿紫花英良:櫻井孝宏
ギイ・クリストフ・レッシュ:佐々木望
タランダ・リーゼロッテ・橘:黒沢ともよ
ヴィルマ・ソーン:井上麻里奈
仲町信夫:江川央生 仲町紀之:岩崎諒太
仲町浩男:石川界人 才賀正二:田中正彦
才賀善治:大塚明夫 ルシール・ベルヌイユ:朴璐美
アルレッキーノ:福山潤 パンタローネ:中田譲治
コロンビーヌ:悠木碧 ドットーレ:大友龍三郎ほか

【HP】https://karakuri-anime.com/
【Twitter】@karakuri_anime

◆2019年冬アニメまとめ◆

◆2019年春アニメまとめはコチラ◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース