歴史的お宝大発見! 織田信長ら偉人にまつわる品が続々登場

2019/03/12 14:31 配信

バラエティー

3月13日(水)の「林修のニッポンドリル」では、名家のお宝がスタジオに登場!

3月13日(水)の「林修のニッポンドリル」では、名家のお宝がスタジオに登場!

(C)フジテレビ

3月13日(水)の「林修のニッポンドリル」(夜8:00-9:00ほか、フジテレビ系)では、「名家に眠るお宝の値段大調査」をテーマに総力を挙げて名家に眠るお宝を徹底調査。すると、ニッポンの歴史の中で重要な役割を担っていた由緒ある二軒の名家から、とあるお宝が発見される。

織田信長ゆかりのお宝を発見!

【写真を見る】お宝の鑑定結果に驚くする風間俊介ら

【写真を見る】お宝の鑑定結果に驚くする風間俊介ら

(C)フジテレビ

三重・松阪にある竹川家は、松阪を拠点に大阪や江戸に店を構えた全国有数の両替商。国宝レベルのお宝が眠っているかもしれないという期待がかかる中、いきなり勝海舟直筆の書を発見する。勝海舟の書は比較的多く出回っており、一般的に10万円から取引がされている。しかし、その場で鑑定をすると驚きの値段が飛び出す。

その後も次々とお宝が発掘され、織田信長にまつわるお宝も見つかる。歴史的にも美術的にも大変貴重だというその品が本物なのか偽物なのかを調査するため、織田信長研究の第一人者である東京大学・金子拓准教授に本格的な調査を依頼。さらに、スタジオにその一品が登場し、その場で鑑定結果を発表する。

名家が守り続ける家宝とは?

お宝の捜索を見守る加藤一二三、本仮屋ユイカら

お宝の捜索を見守る加藤一二三、本仮屋ユイカら

(C)フジテレビ

ほか、新選組の近藤勇と土方歳三の盟友二人を生んだ、400年続く埼玉県随一の名家・根岸家に眠るよろいかぶとが登場。さらなるお宝を発掘すべく蔵を捜索すると、そこでも目を疑うようなお宝が。さらに、根岸家が博物館に渡さず代々守り続けてきた家宝も登場する。

「林修のニッポンドリル」
毎週水曜夜8:00-9:00ほか
フジテレビ系にて放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!