“誰かのために”3月11日に48グループが各地で「東日本大震災復興支援特別公演」を実施

2019/03/12 05:30 配信

芸能一般

AKB48グループが各地の劇場で「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2019~」を行った

AKB48グループが各地の劇場で「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2019~」を行った

(C)AKS

2011年3月11日に起こった東日本大震災の後に「誰かのために」プロジェクトを立ち上げ、被災地の人々への復興支援活動を行っているAKB48グループ。

3月2日には69回目の被災地訪問として、岩手・大槌町、宮城・石巻市、福島・南相馬地へ。復興支援ライブを行い、犠牲者への献花と黙とうをささげた。

そして、11日には「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2019~」を、AKB48、SKE48、NMB48、NGT48が各グループ専用劇場、HKT48が福岡市・スカラエスパシオ、STU48が広島市・広島テレビホールで実施した。

東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた「シアターの女神」公演では、チームBキャプテン・高橋朱里が「本日3月11日は東日本大震災から8年目です。AKB48グループは震災からの復興を少しでもお手伝いさせていただくために、『誰かのために』プロジェクトを立ち上げ、さまざまな活動をしてきました」とコメント。

続けて福岡聖菜が「私たちはこの先もできる限りの支援活動に取り組んでまいります。これからのさらなる復興、そして明るい未来へと思いを込めて、今日の公演メンバー16人でこの曲を歌わせていただきたいと思います」と語ると、復興支援ソング「掌が語る事」が披露された。

第69回被災地訪問時メンバーコメント (2/3)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!