<相棒>鈴木杏樹、花の里からの“旅立ち”で水谷豊に感謝「私にとって永遠の師匠」

2019/03/14 05:00 配信

ドラマ

鈴木杏樹演じる月本幸子が新たな旅立ちへ

鈴木杏樹演じる月本幸子が新たな旅立ちへ

3月13日に放送された「相棒season17」(テレビ朝日系)第19話で、鈴木杏樹演じる小料理店「花の里」のおかみ・月本幸子が“新たな旅立ち”のときを迎えた。2006年から約13年にわたって幸子を演じてきた鈴木が、現在の心境と主演・水谷豊への感謝を語った。

幸子は「season4」の第19話「ついてない女」(2006年3月1日)で初登場。夫の死後、暴力団幹部の愛人となっていた幸子は、夫を死に追いやったのがその幹部だと知り、拳銃を使って復讐(ふくしゅう)する。

海外逃亡を企てていたところ、偶然出会った特命係に見破られ、逮捕された。

その後「season6」の第11話「ついている女」、第12話「狙われた女」(2008年1月16、23日)で再登場。この時は女性受刑者の脱獄計画に巻き込まれた揚げ句に殺害されそうになり、特命係に救い出される。

さらに「season10」の第12話「つきすぎている女」(2012年1月18日)では、出所後、幸運が続いたことから自分が狙われているのではないかと勘違い。

紆余(うよ)曲折を経て、右京(水谷)の勧めで「花の里」の2代目おかみに就任。以降は店を切り盛りし、「相棒」ワールドには欠かせない存在感を放ってきた。

そして13日放送の「season17」第19話で、詐欺、殺人事件に巻き込まれた少年に寄り添った幸子は、“自分が特命係に助けてもらったように、こんどは私が子どもたちの助けになりたい”と考えるようになり、「これからきちんと勉強して資格を取って、子どもたちを実際にそばで支える仕事に就きたい」と、自分の足で新たな道に向かって歩き出すことを決意。右京と握手を交わし、旅立った。

鈴木杏樹が万感のコメント! (2/3)

「相棒season17 最終回2時間スペシャル」
3月20日(水)夜8:00-10:09
テレビ朝日系で放送

◆2019年冬ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース