人気企画「ファンキージェネレーション」を生み出したピン芸人・シオマリアッチ「全て『有ジェネ』のおかげです!」

2019/03/13 15:25 配信

バラエティー

有田哲平が、埋もれている“ネクストジェネレーション芸人”を発掘するお笑い番組「有田ジェネレーション」(毎週水曜夜1:28-1:58、TBS系)。オーディションに合格した芸人は“有田ジェネレーションズ”のメンバーとなり、共に次世代のお笑いスターを目指す。

そんなレギュラーメンバーの中で一番の古株であり、人気企画「ファンキージェネレーション」の生みの親でもあるのが、独自の世界観を持つフリップネタで注目されるピン芸人・シオマリアッチ。2018年の「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)では準決勝に進出するなど番組以外でも活躍を広げている彼に、番組への思いや、有田哲平とのエピソード、そして自身の今後の展望などについて語ってもらった。

“有田ジェネレーションズ”で一番の古株であるシオマリアッチ

“有田ジェネレーションズ”で一番の古株であるシオマリアッチ

「常に『有ジェネ』のためにネタを作っている状態です」

――レギュラーになってからの変化はありますか?

ネタを結構求められる番組なので、常に「有ジェネ」のためにネタを作っている状態ですね(笑)。それで頑張ったからか、去年(2018年)の「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)では準決勝まで進めて。全て「有ジェネ」のおかげです!

――「有ジェネ」で鍛えられていることは?

有田さんが打ち上げに連れて行ってくださるときに、アドバイスやダメ出しをくれるんです。それによって、いい雰囲気というか、有田ジェネレーションズのメンバーに一体感が出てきている感じがありますね。めちゃくちゃありがたいです。

――有田さんのアドバイスの中で、印象に残っているものはありますか?

今やっている「ファンキージェネレーション」というコーナーは、僕が考えた企画なんですけども、それこそ、ついこの間の打ち上げで、有田さんが「『ファンキージェネレーション』のオープニング、シオマリアッチのラップから始めようか」って言ってくれて、今、オープニングのラップをやらせてもらえるようになったんです。大好きなラップをテレビでやる機会を有田さんが与えてくれて…めちゃくちゃうれしかったですね。ラップの歌詞も自分で作って、音も選んで。最近はネタと同じくらいラップも力を入れて(笑)、楽しくやらせてもらってます!

先輩・有田哲平&小峠英二を語る! (2/3)

「有田ジェネレーション」
毎週水曜夜1:28-1:58
TBS系で放送
 
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース