“壁ドン”は難しい!杉野遥亮「いろんなこと考えすぎてわけ分からなくなった(笑)」

2019/03/17 07:00 配信

映画

映画「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」学校一のイケメン・久我山柊聖(しゅうせい)を演じる杉野遥亮

映画「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」学校一のイケメン・久我山柊聖(しゅうせい)を演じる杉野遥亮

撮影=下田直樹

全国に“壁ドン”ブームを巻き起こした「L♡DK」を新キャストで再映画化した映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』が3月21日(木)に公開される。配信ドラマ「花にけだもの」(dtv・FOD)や、映画「春待つ僕ら」(2018年)などで注目を集めた杉野遥亮が、高校の同級生・葵(上白石萌音)と秘密の同居生活を送る久我山柊聖を演じている。そこで杉野に映画の撮影エピソードや見どころを聞いた。

映画「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」は3月21日(木)公開

映画「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」は3月21日(木)公開

(C)「2019 L♡DK」製作委員会

――最初に出演が決まったときの感想を教えてください。

僕でいいのかなと思いました。原作も人気で、前作の映画もありますし、そこに愛を持っているファンの方がいたので最初は不安の方が大きかったです。

――今回の映画では柊聖と葵は最初から付き合っていて、すでに秘密の同居生活をしているところから始まります。そのことについて葵役の上白石さんと何かお話されましたか?

最初にお会いしたときのお互いの第一声が「同居ですよね?」でした(笑)。でも、撮影の初日が“壁ドン”シーンで、それがとにかく難しかったので、二人で黙々と練習をしてたんです。。それがあったから自然と距離が縮まったのと、それ以降も一緒にいるシーンが多かったので、必然的にそういう雰囲気になっていったところがありました。

――上白石さんとは初共演だと思いますが、印象は?

萌音ちゃんは僕よりも2歳年下で、恋愛ものが初めてだと言っていたので、僕がサポートしなきゃいけないなと思っていたんですが、実際に会ってみたら僕よりも大人でしっかりされていました(笑)。

横浜流星と再び共演 (2/4)

スタイリスト=伊藤省吾(sitor)/ヘア&メーク=速水明仁

すぎの・ようすけ=1995年9月18日生まれ、千葉県出身。4月19日(金)スタートのドラマ10「ミストレス~女たちの秘密~」(NHK総合)に出演。また、出演映画「居眠り磐音」が5月17日(金)に公開を控えている

映画「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」
3月21日(木)公開
配給=東映
監督=川村泰祐/出演=上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星、高月彩良、堀家一希、町田啓太ほか

ドラマ10「ミストレス~女たちの秘密~」
4月19日(金)スタート、毎週金曜夜10:00-10:50
NHK総合にて放送

ほかの春ドラマ作品はこちらからチェック!
◆2019年春ドラマまとめ◆

関連番組

関連人物