劇場版「えいがのおそ松さん」で自身の学生時代を振り返る!おそ松役・櫻井孝宏インタビュー後編

2019/03/15 11:00 配信

【写真を見る】今の自分は「想像していたよりずっと幼い」

【写真を見る】今の自分は「想像していたよりずっと幼い」

(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

想像していたよりもずっと幼い、大人の自分

――劇場版のキャッチコピー「俺たち いつから大人なの?」を見ると、シリアスな内容なのかと思ったのですが…。

櫻井:皆さん、だまされますよね(笑)。夕方の河川敷をバックにした、この素晴らしいティザービジュアルだけで、ちょっと感動しちゃいますし。「俺たち いつから大人なの?」は、本当に僕もそう思うことがあります。自分も年齢的にもういい大人ですけど、想像していたよりずっと幼いと思います。

――子供の頃は、どんな大人像を想像していたのですか?

櫻井:そもそも、自分のことを考えたりしなかったんですよ。学校って授業も部活も全部時間が決まっていて、自分で決めたり考えたりする必要が全くないじゃないですか。それが中学校や高校で進路を決める段階になって、どこの学校行くのか、そのためには成績がどれくらい必要で、どれくらい勉強しないといけないのかとようやく考え始めて。

そのステージも上がる度に、「自分のレベルではもうそこには行けないんだ」と悟ったりと、次第にシビアになるんですよね。そういう経験を積んでいくのが、大人の作業だなって思いました。僕は夢が無かったので、漠然と不安を抱えていたし、あまり考えないようにしていましたね。

――目を背けていた?

櫻井:完全にそうですね。その中で声優になるという道を見つけたのは、子供時代から自分の中の点がいくつかあって、それが高校3年生のときに一本の線になったからで。急にその道に入っていったし、偶然みたいなものがあって今に至る感じです。

それもあって、中学生くらいの感覚から変わっていないんじゃないかな。それなりの知識や経験は得てはいますけど、中学生くらいに何となく自我的なものが芽生えて、そのときの価値観、設けられた基準でいまだに生きているような気がしますね。

学生時代に戻るとしたら? (3/3)

■「えいがのおそ松さん」
3月15日(金)全国ロードショー
【HP】https://osomatsusan-movie.com
【Twitter】@osomatsu_movie

◆2019年冬アニメまとめ◆

◆2019年春アニメまとめはコチラ◆

関連番組

関連人物