劇場版「えいがのおそ松さん」に18歳の6つ子が登場!一松役・福山潤インタビュー前編

2019/03/15 06:00 配信

アニメ

【写真を見る】一松役・福山潤が「えいがのおそ松さん」について語った!

【写真を見る】一松役・福山潤が「えいがのおそ松さん」について語った!

(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、2度にわたって制作・放送されたTVアニメ「おそ松さん」。その完全新作となる劇場版「えいがのおそ松さん」が3月15日(金)より、いよいよ全国劇場にて公開される。

松野家の6つ子の中でも一番卑屈で、しれっと毒を吐くことが多い四男・一松を演じる福山潤にインタビュー。劇場化についての思いや、自身の高校時代を振り返っての話を聞いた。

喜びは一瞬、すぐに頭は作業のことでいっぱい

――まずは劇場化が決まってのご感想をお聞かせください。

福山:お話自体は結構前に聞きました。第2期が終わった後くらいかな。「いつですか?」が最初の第一声でした(笑)。ちゃんとみんなで収録できるのか、いつ収録がくるのか…嬉しい、楽しいだけではやれないのが、この作品なので(笑)。どのタイミングで公開されるかも含めて、いろいろ考えないといけないことが頭をよぎりました。

――喜びもあったけれども、そちらの方が頭を占めていたと。

福山:最初はもちろん「嬉しい!」「やったー!」という気持ちでしたが、一瞬でしたね。どういう内容になるのか、どういう形式になるのか、尺は90分なのか120分なのか…、そういうことばかり考えてしまいました(笑)。

――劇場化されること自体は予想されていましたか?

福山:劇場化されてもおかしくはない作品だとは思っていました。第2期までやったので、「どうするのかな? 終わるのかな?」と思っていたところ、劇場版と聞いて「なるほどね」と納得しました。そして、併せて、劇場アニメ化にむけて気が引き締まりました。

――気が引き締まるというのは?

福山:劇場版は宣伝まで含めて本当に多くの方々にご協力いただかないとできない作品ですから。見にきてくださる方にも直接劇場まで足を運んで、チケットを買って、時間を割いていただくものなので、面白いものを作って受け入れられないとその先はないと思っています。

完全新作の劇場版ではありつつも、TVアニメシリーズからの劇場化ですから、そういったものは「おそ松さん」に限らず緊張感が生まれます。「これで終わりですよー!」と銘打つならいいんですが、そうではないですし、僕らもまだ先を見たいですからね。そういう意味では僕らも頑張らないと、と気が引き締まる思いでした。

世代によって感じ方は違う? (2/3)

■「えいがのおそ松さん」
3月15日(金)全国ロードショー
【HP】https://osomatsusan-movie.com
【Twitter】@osomatsu_movie

◆2019年冬アニメまとめ◆

◆2019年春アニメまとめはコチラ◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース