<試写室>「いだてん」宮藤官九郎流?孤独や敗北との戦い方

2019/03/17 07:00 配信

ドラマ

四三(中村勘九郎)が見守る中、弥彦(生田斗真)が走る!

四三(中村勘九郎)が見守る中、弥彦(生田斗真)が走る!

(C)NHK

海外に住んでいたことがある。18歳のときだった。

単身のため、とにかく孤独だった。たくさん勉強して言葉が大体分かるようになっても友達を作ることは難しかった。

でも、同じように日本から来ている人でも、ちゃんとした外国語を話せなくても、みんなと心を通じ会える人っているんだよなぁ。

そんな人を見て、さらに孤独になる。「私は勉強しているのに」という劣等感に打ちひしがれる。

そのときの気持ちがまさに映像化されていたのが、3月10日に放送された大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第10回だ。

「運動会の覇王」と呼ばれた痛快男子・三島弥彦(生田斗真)が、外国で初めて挫折を味わう姿に、涙が止まらなかった。そんな彼が、3月17日(日)放送の第11回でついにオリンピックの舞台で走る。

宮藤官九郎の脚本で、日本とオリンピックの歴史を描く本作。中村勘九郎演じる1912年に日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三と、阿部サダヲ演じる1964年の東京オリンピックを成功に導いた田畑政治がリレー形式で主人公となる。

今回、ザテレビジョン流「試写室」では、マスコミ向け試写会にて一足先に3月17日(日)放送の第11回を見た記者が、独自の視点から本作の魅力を紹介する。

第11回「百年の孤独」のあらすじは?

1960年、東京オリンピック開催を控えた田畑政治(阿部サダヲ)は、開会式を研究すべく、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。

ときは1912年7月のストックホルムオリンピック開会式。四三と弥彦が日本初のオリンピック選手として入場。そして、いよいよ競技が始まる。

大森兵蔵(竹野内豊)に緊張を解された弥彦は、100m短距離走で好タイムを記録するも順位は惨敗。プレッシャーと戦い続けた弥彦だったが、晴れやかな笑顔で400mの走りへと向かう。

「高いよ便器が!」に共感しかない記者のレビューへ (2/3)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送

◆大河ドラマ「いだてん」ニュースまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース