<試写室>「イノセンス 冤罪弁護士」坂口健太郎の熱き瞳に引き込まれる最終話

2019/03/23 09:00 配信

ドラマ

3月23日(土)に最終回を迎える「イノセンス 冤罪弁護士」

3月23日(土)に最終回を迎える「イノセンス 冤罪弁護士」

3月23日(土)、「イノセンス 冤罪弁護士」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)がいよいよ最終回を迎えます。

本作は、坂口健太郎演じる少し変わり者だがすご腕の弁護士・黒川拓が情熱と科学を武器に、冤罪(えんざい)と闘う姿を描く“ヒューマン・リーガル・エンターテインメント”。

概要だけ見ると、普段はホンワカ系だが実は優秀な弁護士が逆転無罪を勝ち取り続けるリーガルドラマに思われそうですが、これまで、中盤で早くも負けてしまう展開や、弁護を依頼してきた本人が犯人であったりする予想外の展開に、驚かされてきました。

そして拓が数々の冤罪と向き合う中で、ずっと“嫌な思い出”として心に残っている、秋保(藤木直人)の妹が殺された11年前の事件。少しずつ全貌が明かされてきましたが、最終話では、急に「真犯人」を名乗る男が現れるという、またもや衝撃の展開が巻き起こります。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は「イノセンス 冤罪弁護士」の最終話を取り上げます。

衝撃の最終話は…

聡子(市川実日子)は、11年前の事件と今回起きている連続殺人事件の関係者たちのSNSの中に、共通して存在している“KooZ”というアカウント名の人物を気にしていた。

そんな中、楓(川口春奈)を刺した男・神津(武田真治)が自首して来る。拓が接見に行くと、神津は、なんと自分が11年前の事件と今回の連続殺人事件の真犯人だと拓だけに小声で明かす。

神津の悪びれる風もない態度に激高した拓。11年前の事件の証拠を探すため、当時の捜査員・草津(佐藤B作)の元を訪ねると、現場の遺留品だったたばこの吸い殻が、容疑者が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知るのだった。

独断と偏見のレビューはこちら! (2/2)

「イノセンス 冤罪弁護士」(最終回)
3月23日(土)夜10:00-10:54
日本テレビ系で放送
脚本=古家和尚
演出=南雲聖一ほか
出演=坂口健太郎、川口春奈、趣里・杉本哲太・志賀廣太郎、市川実日子・草刈正雄・藤木直人ほか
【公式サイト】https://www.ntv.co.jp/innocence/

◆2019年冬ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース