福田沙紀、松下優也がW主演! 直木賞作家・大沢在昌のクライムアクションがドラマ化

2010/11/17 11:00 配信

ドラマ

奇抜な役柄で新境地に挑戦する福田沙紀とドラマ初主演となる松下優也(写真左から)

奇抜な役柄で新境地に挑戦する福田沙紀とドラマ初主演となる松下優也(写真左から)

毎日放送制作の2011年1月クールの深夜ドラマに福田沙紀、松下優也がダブル主演する「カルテット」が決定した。

同作は直木賞作家・大沢在昌の最新作をドラマ化。全身タトゥーとピアス姿の中国残留孤児三世・シュン(福田)と、幼いころ家族を惨殺され、孤独で命知らずの若者・タケル(松下)が、あることをきっかけに、警察組織の活動を手伝うことに。調査のため、住民のほとんどが不法滞在者の居住区に潜入した2人は、子どもや女性が密造ドラッグの実験台にされるなどの卑劣な現実を目撃。過去や育ちも違う若者が、マフィアに立ち向かい、互いを信じ成長していく姿を描く。

原作者の大沢は「福田沙紀さんが今までのかわいい役柄から180度転じて、ハードな役にチャレンジしてくれることは大変うれしく思っています。どんな演技を見せてくれるか楽しみです。松下優也さんは、初めて見たときから、目力のある良い役者だと思いました。彼ならエッジの効いたアクションを演じてくれると大いに期待しています」 とコメントを寄せた。

また、「カルテット」は雑誌「野性時代」(角川書店)で連載、12月下旬から単行本を発売予定で、単行本に先駆け、「カルテット」全4巻の電子版をiPad/iPhone向けアプリの電子書籍プラットフォーム「Book☆Walker」にて先行配信する。

ドラマ「カルテット」
1月スタート TBS系で放送

大沢在昌(おおさわ・ありまさ)
1956年名古屋市生まれ。'79年「感傷の街角」で第1回小説推理新人賞を受賞しデビュー。'91年「新宿鮫」で第12回吉川英治文学新人賞、第44回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。'94年「無間人形 新宿鮫IV」で第110回直木賞を、'04年「パンドラ・アイランド」で第17回柴田錬三郎賞を受賞。'10年、日本ミステリー文学大賞受賞。近著に「罪深き海辺」「欧亜純白」「ブラックチェンバー」がある。
公式HP「大極宮」http://www.osawa-office.co.jp/

「Book☆Walker」配信ラインアップ
http://www.kadokawa-cgate.co.jp/news/2010/