朝倉あき、主演ドラマで細部にまでこだわり「ミニスカートじゃないと落ち着かない」

2019/04/13 08:00 配信

ドラマ

朝倉あきは「歌舞伎町弁護人 凛花」で民法の連続ドラマ初主演を務める

朝倉あきは「歌舞伎町弁護人 凛花」で民法の連続ドラマ初主演を務める

撮影=宮川朋久

朝倉あきが主演を務める「真夜中ドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花』」(毎週土曜夜0:00-0:30ほか、BSテレ東ほか)が、4月13日(土)よりスタート。

同ドラマの原作は、松田康志と花小路ゆみによる同名漫画。美貌の弁護士・凛花(朝倉)が歌舞伎町で巻き起こる特殊な依頼に立ち向かい、弁護士として成長していく姿を描く。

WEBサイト「ザテレビジョン」では、主演の朝倉にインタビュー! 役への徹底的なこだわりや、弁護士ドラマにちなみ自身の悩みも明かしてくれた。

今以上にもっと成長していきたい

――演じる凛花はどういった人物ですか?

凛花は自信家で、美しさを武器にしている女性です。ただ、凛花の美しさはビジュアルだけではなく、気持ちいいくらいの気風の良さ、高貴さもあります。

「美しい」にもいろいろありますが、私も凛花のような美しさを目指せばいいんだと感じました。ドラマのお話をいただいてから原作を読んだのですが、漫画だと凛花の美しさが全面に出ています。

――原作ものを実写化する上で、意識していることはありますか?

キャラクターの一番大きな魅力を見失わずに、役作りをすることを意識しています。彼女の気位の高さ、それを裏付ける弁護士としての実力がにじみでるよう、見せられたらいいなと。

――凛花のような気が強い役を演じるのは初めてですか?

ここまで自信たっぷりで、サバサバした役は初めてです。最初、私自身と役の共通点はあるかなと不安になったのですが、負けず嫌いなところは共通しているかなと。

――ご自身が負けず嫌いだと感じるエピソードを教えてください。

仕事においては、今以上にもっと成長していきたいという気持ちがあり、「負けたくない」と感じることが多いです。あとは、弟に対してですね(笑)。いろんな部分で私が負けてばかりで、姉として見られていないのが悔しいんです。

監督に「今の凛花っぽいですか?」という相談を (2/2)

真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」
4月13日(土)スタート
毎週土曜夜0:00-0:30、BSテレ東/BSテレ東4K
毎週土曜夜0:56-1:26、テレビ大阪
出演=朝倉あき、武田航平、山地まり、岡田浩暉、渡辺裕之
脚本=守口悠介ほか
監督=植田尚ほか

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース