政治犯演じる堤真一「拷問に耐えうる意志の強さは見た目の強さではない」

2019/04/15 06:00 配信

芸能一般

4月20日から上演される『良い子はみんなご褒美がもらえる』で主演を務める堤真一

4月20日から上演される『良い子はみんなご褒美がもらえる』で主演を務める堤真一

堤真一が政治犯を熱演!

トム・ストッパードとアンドレ・プレヴィンが俳優とオーケストラのために創作した戯曲『良い子はみんなご褒美がもらえる』が、堤真一と橋本良亮の共演で4月20日(土)から上演される。

ソビエトと思われる独裁国家の精神病棟の一室を舞台に、堤真一が誹謗罪で捕まった政治犯の男・アレクサンドルを演じ、自分はオーケストラを連れているという妄想に囚われた男・イワノフを橋本良亮が担当、それぞれの「自由」を主張していく。「自由」と「真実」をテーマに、舞台上には35人のオーケストラが劇中に登場するという斬新な作品だ。

今回主演を務める堤に、役作りやトム・ストッパードの魅力、堤にとっての演じることとなど、ここでしか聞けない話を聞いた。

――今作のオファーがきた時との思いと、最初に台本を読まれた感想をお聞かせください。

最初にお話いただいた時は、オーケストラ=ミュージカルだと思っていたので、ミュージカルは無理無理!って即座に言ったんですよ。でもオーケストラは入っているけど、歌うことはないと聞いて、それで初めて台本を読みました。

読んでみたら、「え?これどういうこと?」という不思議な部分もありましたけど、オーケストラの演奏と芝居がリンクしていくなんてすごく面白いなと思いました。でもどういうふうな見え方になるのか、まだ想像ができないですね。

トム・ストッパードの作品は、2年前の舞台『アルカディア』(2016年)の時も、当初は台本は面白いけど、全体が立ち上がって役者が(演技を)やるまではよく分からないと思っていました。

稽古の途中でも手探りだった記憶があるので、今回も、一つ一つ丁寧に稽古を重ねていくことで役者とオーケストラと全てが重なって、見えてくるのかなと思っています。だからこそ一つ一つのシーンを成立させていくことに集中しようと思っています。

堤にとっての役作りとは? (2/4)

舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」
作=トム・ストッパード 
作曲=アンドレ・プレヴィン
演出=ウィル・タケット
指揮=ヤニック・パジェ
出演=堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、小手伸也、シム・ウンギョン、外山誠二、斉藤由貴、川合ロン、鈴木奈菜、田中美甫、中西彩加、中林舞、松尾望、宮河愛一郎
4月20日(土)~5月7日(火)
東京・TBS赤坂ACTシアター
5月11日(土)~12日(日)
大阪・大阪フェスティバルホール


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!