赤の流星、新しい挑戦のワンマン開催! 上西星来×脇あかりの“冗舌な表情”

2019/04/14 14:00 配信

音楽

「流星」と聞いて何を思い浮かべる?

「果実」を持ったパフォーマンスを見せる上西星来(右)と、脇あかり(左)

「果実」を持ったパフォーマンスを見せる上西星来(右)と、脇あかり(左)

「流れ星かしら」「え、天体観測?」「藤井くん!(藤井流星/ジャニーズWEST)」「はじこいのゆりゆり(横浜流星)でしょ!」まあいろんな意見があるでしょう。

でも、出逢ったら最後、心の中から出ていってくれない“流星”がもう1組いる。

上西星来、脇あかり、という名前からして既に輝きを放ちがちな2人の流星=赤の流星だ。

某大御所ライターは「今日は昼から流星が輝いていたな」的なことをつぶやいてネオン輝く夜の道玄坂に消えて行ったが、そういうキザなことを言いたくなる何とも言えないアーティスティックな世界、2人の美女の輝きが確かにそこにはあった。

4月13日に東京・渋谷Club Asiaにて行われた赤の流星のワンマンライブ「Into The Night ~憂鬱な夜の夢~」昼公演にWEBザテレビジョン・TPD班が潜入。彼女たちにとって初めての休日ワンマンの模様をリポートする。

“圧巻の5分間オープニング”

3月の取材でも「コンテンポラリーダンスを使った、新しい挑戦を楽しみにしていてください」と上西がキラキラと瞳を輝かせて語っていたが、なるほどこういうことか、と合点が行った。

5分超にわたってせりふなしで届けられたオープニングのコンテンポラリーダンスを用いた2人の“無言の演技”。

前説で彼女たちの“仕掛け人”から「静かに見守っていて」というアナウンスがあったので、ファンもかたずをのんで2人の紡ぐ世界観を見ていたが、言葉を発さずとも感情の揺れ動きが表情で雄弁に物語っており、1曲目に入る前から自然と涙ぐんでしまうほど。

この時点で、完全に新たな流星ワールドに引き込まれた。

オープニングの“無言の世界”を写真で振り返る! (2/5)

「Into The Night ~憂鬱な夜の夢~」
<昼公演・セットリスト>
M1.Into The Night ~夜に落ちて
M2.千夜一夜 -Rearranged ver.-
M3.夜の旅人 -Rearranged ver.-
M4.黄・昏・蝶・々 -Rearranged ver.-
M5.果実
M6.Nightmare
M7.Perfect Doll
M8.cocolo
M9.純愛90's -Rearranged ver.-
M10.Move On!
M11.これが愛?!
M12.to you
En1.Wonderful Days!!
En2.あなたに逢いましょう

■赤の流星公式サイト
【HP】https://tpd-web.com/akanoryusei/

■東京パフォーマンスドール公式サイト
【HP】http://tpd-web.com/

■東京パフォーマンスドールワンマンライブ
「DMM VR THEATER presents Future LIVE~複合現実~vol.5 東京パフォーマンスドール 〜ダンスサミットVR〜 」
4月27日(土)夜6:30開場/夜7:00開演
神奈川・DMM VR THEATER

「The 6th Anniversary ダンスサミット」
6月16日(日)昼5:30開場/夜6:00開演
東京・渋谷ストリームホール

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース