「映画 賭ケグルイ」豪華キャストが集結! 夢子VS会長の「じゃんけん対決」の行方は…?

2019/04/12 11:25 配信

映画

5月3日(金)より全国で公開される「映画 賭ケグルイ」の完成披露試写会が行われ、主演を務めた浜辺美波のほか、キャスト13名が劇中の衣装で登壇した。

「映画 賭ケグルイ」完成披露試写会に登壇した、浜辺美波(前列中央)らキャスト陣と英勉監督(前列左端)

「映画 賭ケグルイ」完成披露試写会に登壇した、浜辺美波(前列中央)らキャスト陣と英勉監督(前列左端)

河村ほむら原作・尚村透作画による同名漫画を実写映画化した本作。2018年1月期には同キャスト陣によるドラマ「賭ケグルイ season1」(TBSほか)が放送され、原作を忠実に再現した内容と、若手俳優たちの突き抜けた演技が注目を集めた。

さらに、現在TBSほかにてドラマ「賭ケグルイ season2」も放送中。浜辺演じる蛇喰夢子が、松村沙友理演じる夢見弖ユメミとアイドル対決を繰り広げるなど、こちらも大きな話題となっている。

「映画 賭ケグルイ」では、夢子と生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)によるギャンブルへの期待が高まる中、私立百花王学園に“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭。生徒会との対立を深めていた。

そんな中、生徒会はヴィレッジの解体と夢子潰しをもくろみ、全校生徒に参加を強制するギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言。夢子は鈴井(高杉真宙)と共に、この”学園史上最大のギャンブルトーナメント”に参戦することに…。

宮沢へのアドバイスは「とにかくカッコよく」のみ!?

総勢13人のキャストが一堂に会した豪華なショット!

総勢13人のキャストが一堂に会した豪華なショット!

今回登壇したのは、浜辺美波、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、中村ゆりか、三戸なつめ、柳美稀、小野寺晃良という豪華なキャスト陣と、本作を手がけた英勉監督の総勢14名。

主演を務めた浜辺は、「オリジナルの脚本ということで、本当に誰が(ギャンブルに)勝つのかわからないと思うんです。なので、誰がトーナメントを制するのかを予想しながら楽しんで見ていただけたら」と観客に見どころを。

続けて「脚本を知っているはずの私が、こんなにも笑ってしまうシーンがたくさんある映画は初めてでした。キャストの皆さんが脚本から(役柄を)膨らませて(演じたものが)映画になっているので、想像をたくさん超えてくる映画だと思います」とアピールした。

生徒会長を演じた池田は、「漫画やアニメ、ドラマのseason1もいちファンとして見させていただいていたので、ドラマに関しては『(会長を)誰が演じるんだろう?』と思っていたんですけど、衣装合わせの前日に『明日賭ケグルイの衣装合わせ入るから』と電話がかかってきて。

うれしかったんですけど、それから現場に行かせていただいたら、皆さん命を賭けてというか、魂を削ってお芝居されていたので、何かちょっとうらやましかったです。『(その中に)混ざりたいな』と思いながらも、会長然とできるように心がけていました」と、キャスト陣のテンションの高い演技に刺激を受けた様子。

映画版オリジナルキャラクターである村雨天音を演じた宮沢は、「新キャラということで役作りのヒントが無かったので、監督に相談したんですけど、監督は一言『とにかくカッコいい村雨をやってくれ』って…。僕はもっとヒントを得たかったんですけど(笑)」と監督に苦情を。

そんな宮沢について、浜辺は「監督も宮沢さんのカッコよさに『日本の映画を撮ってる感じじゃない。海外の映画みたいだよ』と仰っていて。いらっしゃるだけで雰囲気があって、新キャラとして来ていただいたのが心強かったです」と絶賛していた。

キャスト陣がお互いの意外な素顔を暴露!? (2/2)

「映画 賭ケグルイ」
5月3日(金)より全国ロードショー

https://kakegurui.jp/

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース