藤ヶ谷太輔、念願の悪役に「テンション上がった」

2019/04/13 10:00 配信

ドラマ

ドラマ「ミラー・ツインズ Season1」第2話の放送を前に、藤ヶ谷太輔が意気込みなどを語る

ドラマ「ミラー・ツインズ Season1」第2話の放送を前に、藤ヶ谷太輔が意気込みなどを語る

(C)東海テレビ/WOWOW

「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)で主演を務めるKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔が、4月13日(土)の第2話放送を前に、葛城圭吾と勇吾の二役を演じる役柄や意気込みなどについて語ってくれた。

本作は、20年前に起きた誘拐事件をきっかけに別々の人生を歩むことになった、双子の人生を描く心理サスペンス。第2話では時を越え、葛城圭吾と勇吾の運命が重なり、動き始める。

第6話の収録現場に潜入!

【写真を見る】収録現場に潜入し、藤ヶ谷太輔の表情を追る

【写真を見る】収録現場に潜入し、藤ヶ谷太輔の表情を追る

(C)東海テレビ/WOWOW

インタビューの前に、都内の公園で行われた第6話の収録現場の様子を紹介する。この日は“勇吾デー”ということで、フードをかぶり、少し猫背気味の藤ヶ谷。すっかり役に入り込んでいるのが伝わってくる。

撮影したのは、「勇吾が、20年前に自分が誘拐された事件に、つながりがあると思われる人物を尾行する」という場面。藤ヶ谷にせりふは一切なく、追跡者を険しい表情で見つめたり、手にナイフを持ちながらそっと近づいたりするシーンに臨んだ。

ポケットからナイフを取り出し、標的となる人物に近づく場面では、一度リハーサルをした後、ただ近づくのでなく「どんなしぐさを、どのタイミングですれば、勇吾の感情を表現できるのか?」を監督と話し始める藤ヶ谷。

そこにカメラマンも加わり、歩くスピードなどを細かな部分まで藤ヶ谷に伝えるなど、せりふのない中で緊張感のある場面を作るため、キャスト、スタッフ全員が一致団結していた。

途中、散歩で公園にやってきた園児たちの姿に、「この仕事をしていなかったら幼稚園の先生になりたかった」という子供好きの藤ヶ谷が目を細める一幕も。だが、撮影が始まると一転。誘拐されて人生が狂った勇吾の怒りや悲しみを、動作の一つ一つで体現していく。

今作で、一人二役の上、真逆の性格の双子役に挑む藤ヶ谷に、意気込みなどを聞いた。

一人二役の苦労を明かす (2/4)

オトナの土ドラ「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1」
毎週土曜夜11:40-0:35
フジテレビ系にて放送
※Season2は、6月8日(土)よりWOWOWプライム「連続ドラマW」枠(毎週土曜夜10:00-終了時間未定)にて放送
脚本=高橋悠也
音楽=林ゆうき、小畑貴裕
監督=村上正典、池澤辰也、守下敏行、野田健太
出演=藤ヶ谷太輔、倉科カナ、渡辺大、武田梨奈、温水洋一、村上知子、櫻井淳子、中村久美、佐戸井けん太、石黒賢、高橋克典 ほか

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!