生田斗真が短歌に初挑戦!「上手くはありませんがお手柔らかに」

2019/04/17 10:14 配信

芸能一般

「平成万葉集」に出演する(左から)生田斗真と吉岡里帆

「平成万葉集」に出演する(左から)生田斗真と吉岡里帆

平成に生きた人々の心模様を“短歌”という切り口から描き出す番組「平成万葉集」(夜9:00-10:30、NHK BSプレミアム)が4月17日(水)から3週連続で放送される。

さまざまな身分の人が詠んだ歌を集めた「万葉集」は日本最古の歌集で、新元号“令和”の出典としても注目を集めている。

同番組では、そんな万葉集の“平成版”として、生田斗真と吉岡里帆がまもなく終わろうとしている平成の31年間、日本人が何に笑い、涙し、怒ってきたのか、歌の風景や歌詠み人を訪ねて旅をする。

リストラの波をくぐり抜け定年退職を迎えたサラリーマンや、短歌に楽しみを見つけた新宿歌舞伎町のホスト、認知症の母を案じながら深夜タクシーを走らせる運転手など、天皇皇后両陛下から短歌好きな子どもたちまで幅広い人たちが詠んだ短歌の中から選りすぐった「31文字の物語」を送る。

生田は、「間もなく新しい時代がやってくるということで寂しいというよりむしろ前向きに楽しみたいという思いです。新しい時代をきっかけに新しいことを始めるなど、日本人ひとりひとりが良いスタートを切れたらいいですね」と平成から令和と移る時代の変化について語る。

また、「『ふるさと』編(4月17日[水]放送)で自分の故郷・北海道にも行き、初めて短歌を詠みました。上手くはありませんがお手柔らかに、番組ご覧ください」とコメントした。

吉岡は、「初々しい学生同士の恋の歌や年配夫婦の最後のラブレターのような相聞歌などを朗読していますが、どのパートにも強い思いや愛、時には痛みが歌われ、どれもが世代を超えて心動かされるものです。皆さん、大切な人と大切にご覧ください」と番組をアピールした。

「平成万葉集」
4月17日(水) 第1回「ふるさと」
4月24日(水) 第2回「女と男」
5月1日(水) 第3回「この国に生きる」 
夜9:00-10:30
NHK BSプレミアムにて放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!