皇后陛下・美智子さまのお人柄が、胸の内をつづった貴重なノートで明らかに

2019/04/15 07:00 配信

芸能一般

天皇皇后両陛下のこれまでの歩みを、独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返る

天皇皇后両陛下のこれまでの歩みを、独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返る

平成という時代が終わる大きな節目に、“天皇皇后両陛下の、これまでの歩み”を独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返る「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日” 令和につなぐテレビ」が、4月30日(火)夜6時30分からフジテレビ系で放送される。

本番組の総合司会はタモリが担当し、平成最後の夜から新時代・令和の幕開けまで約6時間半にわたって生放送。天皇皇后両陛下のこれまでの歩みに加え、美智子さまの知られざるお気持ちが記された貴重なノートを元に、世紀のご成婚と、美智子さまがこれまで歩まれてきた道のりを、永作博美主演で東宮女官長の目線からドラマ化する。

皇后陛下・美智子さまの、知られざるお気持ち…

番組は今回、美智子さまの知られざるお気持ちがつづられた、貴重な資料を独自入手。

初めて民間から皇室に入られ、前例のない子育てやファッションが注目された美智子さま。“ミッチーブーム”に世の中が熱狂した一方で、伝統の壁や批判にさらされた。

その時、美智子さまは何を思われ、そしてどのように逆風に立ち向かってこられたのか。美智子さまは当時、苦しい胸の内をノートにつづられており、美智子さまとごく親しいある人物が、それを一字一句書き写していたノートが存在していた。

その内容は「“伝統と進歩”というむづかしい課題の前で、いつも私は引き止められ、立ちどまって考えてしまいます(原文ママ)」「憎しみに囲まれて何かをしようとしても、くずれくずれる砂山を足場にするように、何一つ実るものはございませんでしょう。これは、どんな“家”をとってみても、“職場”、“社会”をとってみても言えることではないかと思います」というもの。

批判に対するお気持ちも

さらに、当時浴びせられた批判に対する「砂山をいたずらにふみつけ、その姿勢にばかり悲愴さをもち、その実、何の積極的進歩もない、そういうのが好きではないのです。でもそういう姿を見なければ、すべてが妥協だ、順応だと思いたい人達もおりますでしょう」など、ノートには美智子さまの本当のお気持ちがつづられている。

そして今回、美智子さまが書かれたイラストをそのまま書き写したページを初公開。そのイラストと、そこに記された文章から、皇太子妃として、妻として、母としてのご自身のお立場について思慮され、そのあり方を模索されていた切実な思いが明らかになる。

皇后陛下・美智子さまが歩まれてきた道のりをドラマ化! (2/3)

「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日” 令和につなぐテレビ」
4月30日(火)夜6:30-0:55 
フジテレビ系で放送

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース