SKE48版「ハムレット」はアイドルらしさを生かした名“エッセンシャル版”!<コラム>

2019/04/18 06:00 配信

芸能一般

SKE48版「ハムレット」で狂気を装う主人公・ハムレットを演じる松井珠理奈

SKE48版「ハムレット」で狂気を装う主人公・ハムレットを演じる松井珠理奈

今年1月22日から4月2日まで日本テレビで放送された「SKEBINGO! ガチでお芝居やらせて頂きます!」。タイトル通り、番組はSKE48メンバーがさまざまな演技に挑戦するという内容だったが、今度は選ばれた9人のメンバーが、シェークスピアの4大悲劇の一つ「ハムレット」(4月18日[木]~21日[日])上演に挑む。

初日を翌日に控えた17日にはゲネプロが行われ、私も取材へ足を運んだ。

昨年放送された「HKTBINGO! 〜夏、お笑いはじめました〜」(日本テレビ)では、HKT48のメンバーが「女芸人No.1決定戦 THE W」の予選に出場していたため、「SKEBINGO!」でもその集大成として何かあるだろうとは思っていた。だが、古典の名作、しかも悲劇だとは思っていなかった。

また、脚本・演出を手掛けるのは、今年2月末から3月上旬にかけて上演された、AKB48メンバー3人が出演した舞台「山犬」の脚本・演出を務めた劇団鹿殺しの丸尾丸一郎。同作を取材・観劇をしていたこともあり、丸尾がシェークスピア最長の作品を約90分にどう収めるのだろうという点にも興味が湧いた。

そんな私は、恥ずかしながらシェークスピア作品初観劇。そこで今回は、事前に原作(もちろん日本語訳)を一度読んだ程度という私の視座から、SKE48版「ハムレット」の見どころを紹介していきたいと思う。

SKE48版「ハムレット」は、“「ハムレット」入門編=エッセンシャル版”だ!

まず、原作から受けた印象は、英語の言葉遊びや比喩、キリスト教、神話の世界観などが幾重にも折り重なっていて、それが名作と言われるゆえんなのだろうということだった。

本作は約90分という時間で上演される以上、そういった文学的表現は省略されているところはあるが、もちろんストーリーはしっかりと押さえている。

そんな省略を補っているのが、彼女たちが“アイドル”だということだった。

アイドルではなく“役者”として、彼女たちが真剣に稽古に取り組んできただろうということは、幕が開いて最初に登場する衛兵2人の発声を聞けば分かる。

その一方で、せりふの上で省略された文学的な機微は、この舞台では彼女たちが本来アイドルであるということを生かした、歌とダンスが随所に挿入されることで補われている。

一昔前にドラッカーの「マネジメント」の重要な要素を集めた“エッセンシャル版”と呼ばれる入門編がはやったが、基本的なストーリーを押さえ、歌とダンスによってエンターテインメント性がプラスされているという点から、本舞台は「ハムレット」の“エッセンシャル版”にぴったりと言える作品ではないだろうか。

熊崎晴香演じるホレイシオが舞台の“要”!? (2/3)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース