4月22日は“執事の日”! キンプリ永瀬廉主演映画から学ぶ執事のお仕事&清原翔の新カット解禁

2019/04/22 15:00 配信

映画

花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

King & Prince・永瀬廉の初主演映画「うちの執事が言うことには」が、5月17日(金)から全国ロードショー。4月22日は“執事の日”ということで、劇中で執事を演じる清原翔の新場面写真&コメントと共に、執事の仕事を紹介する。

本作は、誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かで魅力的なキャラクターたちが織りなす独特の世界観が支持され、シリーズ累計発行部数110万部を超えるミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫)の映画化作品だ。

永瀬が演じるのは、主人公の名門・烏丸家27代当主の烏丸花穎。当主としては未熟で世間知らずだが、頭脳明晰(めいせき)で色彩に関して特別な感知能力を持っているという、唯一無二のキャラクターを繊細に演じている。

そして、清原が演じる衣更月蒼馬は花穎の新執事。物語の軸となる“執事役”を凛とした存在感で体現しており、若き当主と仏頂面の執事という、気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家に降り掛かる難事件に立ち向かっていく。

さらに、大学生でありながら起業家で、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー・赤目刻弥を演じるのは、永瀬と同じKing & Princeの神宮寺勇太。物語の鍵を握るミステリアスな役柄で、スクリーンデビューを飾る。

ほか、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、原日出子、吹越満、奥田瑛二といった、若手からベテランまで実力派俳優が集結。若き当主・花穎を取り巻く、個性豊かなキャラクターたちを演じて作品に深みを与えていく。

執事の仕事紹介と清原翔コメント (2/3)

映画「うちの執事が言うことには」
5月17日(金)全国ロードショー

<出演>
永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 前原滉 田辺桃子 矢柴俊博 村上淳
原日出子 嶋田久作 吹越満 奥田瑛二

<スタッフ>
原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫)
監督:久万真路 
脚本:青島武
主題歌:King & Prince「君に ありがとう」(Johnnys' Universe)
配給:東映

◆ジャニーズ番組まとめはコチラ◆

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース