「スッキリ」の映画解説でおなじみのよしひろまさみちに聞く! 今4Kで観るべき映画5選

2019/05/14 20:00 配信

映画

よしひろまさみち

よしひろまさみち

2018年12月の新4K8K衛星放送開始から約半年が経ち、4Kテレビの売り上げも前年期に比べて130%以上も伸びてきている。東京オリンピックに向けて念願の4Kテレビを買った人も多いだろう。4Kのコンテンツは4K放送の他、4K高画質で楽しめるブルーレイ・Ultra HD ブルーレイやNetflix等のVODサービスでも楽しめる(※1)。4Kのすごさを体感するのにピッタリな映画を教えてもらうべく、情報バラエティー「スッキリ」(日本テレビ系)でのレギュラー映画解説が好評の映画ライター、編集者のよしひろまさみちに、4Kテレビで見るべきオススメ映画を聞いた!

よしひろまさみちが推薦! 4Kで見るべきオススメ映画

よしひろまさみち

よしひろまさみち

私がオススメしたいのは、「グレイテスト・ショーマン」「ビリー・リンの永遠の一日」「ダンケルク」「オクジャ」「7月22日」ですね。

―――それではまず、「グレイテスト・ショーマン」を選んだ理由をお聞かせください。

4Kは映像だけでなく音響もいいので、ミュージカル作品はすごくマッチすると思って取り上げました。4K自体、ミュージカルとか音楽映画はすごく相性がいいです。

―――ダンスのシーンも楽しめそうです。やはり4Kだと俳優たちのアクションとか動きもしっかりと見えますか?

すごくはっきり見えます!これは完全に余談になっちゃうけど、90年代後期〜2000年代のVFX黎明期くらいにCGを多用したアクション映画は向いていないかも。なぜなら、あからさまにCGだと分かっちゃうんですよね。高精細すぎて、これCGじゃんって!(笑)

映画館のスクリーンで観るならば、視界が画面に包まれていて、そこに入り込んで観ることができるから、大丈夫なんですけど、冷静に4Kのような高画質でそういった映画を見ると、「CGが綺麗ですね」ってなっちゃうってのはありますね。

あとCGと言えばなんですが、フル3DCGのアニメーションはいいかも。精細なライティングやセットがハッキリ分かるから。そうするとPixar作品が絶対的に良くて、「ウォーリー」とか「トイストーリー」がオススメです。

―――4Kだとアニメ作品も違いが出るんですね。

2Dアニメも今はほとんどがデジタル描画ですが、むしろ90年代くらいまでの、セル画で描いたアニメの4Kレストアの方が、すごく綺麗なんですよ。もともとセルで重ねて撮っているので、画面の奥行がものすごく出せるんです。それでいうと、今年の7月に発売予定の「ルパン三世 カリオストロの城」は絶対にオススメですね。

【写真を見る】4Kで観る「グレイテスト・ショーマン」が美しい!

【写真を見る】4Kで観る「グレイテスト・ショーマン」が美しい!

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

■グレイテスト・ショーマン:「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル作品。主人公P・T・バーナム役にヒュー・ジャックマン、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役をザック・エフロンが演じる。「Ultra HD ブルーレイ」版が発売されている。

高精細な画質でスーパーボウルを再現 (2/3)

■よしひろまさみちプロフィール
音楽誌、女性誌、情報誌などの編集部を経てフリーに。編集・執筆のほか、テレビやラジオなどでも映画の紹介を手がける。日本テレビ系「スッキリ!!」にて月1回レギュラー出演中。

↓↓三菱録画テレビ「REAL」シリーズや4Kコンテンツの魅力に迫る特設サイト↓↓