TAKAHIRO、“自分も見たことのない”ヒゲ姿の漁師役「いい意味でファンの方を裏切る作品になった」

2019/05/04 09:00 配信

映画

映画「僕に、会いたかった」で主演を務めるEXILEのTAKAHIRO

映画「僕に、会いたかった」で主演を務めるEXILEのTAKAHIRO

撮影=玉井美世子

5月10日(金)公開の映画「僕に、会いたかった」で、“記憶喪失の漁師”という難役に挑戦したEXILEのTAKAHIRO。家族の絆と再生を描いた物語で、感情を表に出さない寡黙な池田徹(TAKAHIRO)の葛藤や心情の変化を、少ないせりふの中で繊細に表現している。「役作りに集中できるもってこいの環境だった」と話す島での撮影エピソードなどを聞いた。

――映画「僕に、会いたかった」は、TAKAHIROさんにとって初の単独主演長編映画ですね。

僕はプライベートでもいろんなジャンルの映画を観るのが好きで。中でも人間の内面がにじみ出てくるような映画が好きですし、いつか自分も(長編映画で)ヒューマンドラマをやってみたいという目標がありました。今回、以前からいつかご一緒したいと思っていた錦織(良成)監督の作品で念願がかないました。

――錦織監督は「RAILWAYS~49歳で電車の運転手になった男の物語~」(2010年)や「たたら侍」(2017年)など、これまで多くの映画を手掛けていますが、錦織監督作品のどこに魅力を感じていたのですか?

錦織監督の作品はせりふ量がそんなに多いわけではないのに、その人の人生の一部を切り取ったかのようなリアリティが感じられるんです。そして、何よりも景色を切り取るその画力に説得力があるので、まるでドキュメントを見ているかのような感覚になって、そこに生きる人たちの日常に自然と自分も入り込んでしまう。今回のお話をいただいたとき、錦織監督の世界観に自分も溶け込むんだと思うと、とても身が引き締まりました。

「撮影以外でも衣装をそのまま私服状態にして、ヒゲもそのままで行動していた」という

「撮影以外でも衣装をそのまま私服状態にして、ヒゲもそのままで行動していた」という

撮影=玉井美世子

――外見も含めて、普段EXILEで華やかなステージに立っているTAKAHIROさんとは随分違う姿ですね。

撮影前に錦織監督と何回か打ち合わせをする中で、“ヒゲを生やしましょう”ということになって。別人格として見てもらえる役に挑戦できたのはうれしかったことのひとつです。ヒゲに関してはもともとヒゲがそんなに生えないので、口ヒゲと顎ヒゲは地毛ですけど、つながりの部分はメークさんの一流の技術でつけていただいたので、自分も今まで見たことのない顔(笑)。ロケ先の島の方たちがとても優しくしてくださったので、島の雰囲気になじみながら、まるで自分がそこに住んでいるかのような雰囲気の中で臨めたので、役としてはとても入りやすかったと思います。

島のあちこち散策してました (2/3)

たかひろ=1984年12月8日生まれ、長崎県出身。EXILE、ACE OF SPADESのヴォーカル。また、俳優としても「戦力外捜査官」(2014年ほか、日本テレビ系)「HiGH&LOW」(2015年ほか日本テレビ系)など出演作多数
スタイリスト=渡辺康裕(W)/ヘア&メーク=永岡千絵 (H.M.C)
映画「僕に、会いたかった」
5月10日(金)公開
配給=LDH PICTURES
監督=錦織良成/出演=TAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨、松坂慶子ほか