<山崎賢人>主演映画『キングダム』動員100万人突破に大興奮!“左慈”との決戦の舞台裏も明かす

2019/04/28 17:29 配信

映画

山崎賢人

山崎賢人

撮影=阿部岳人

山崎賢人が主演を務める映画「キングダム」(公開中)の大ヒット記念舞台あいさつが28日に都内で行われ、主演で主人公・信を演じる山崎と、漂/エイ政役の吉沢亮、左慈(さじ)役の坂口拓が登壇。動員数100万人突破の一報にふれ、集まったファンと喜びを分かち合った。(※山崎の「崎」は正しくは「立さき」)

山崎&吉沢、好成績に「うれしい」

【写真を見る】輝く笑顔を見せる山崎賢人&吉沢亮、坂口拓

【写真を見る】輝く笑顔を見せる山崎賢人&吉沢亮、坂口拓

撮影=阿部岳人

映画「キングダム」は、紀元前中国春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王・エイ政(後の秦の始皇帝=吉沢)の戦いを壮大なスケールで描くエンターテインメント大作。原作は既刊54巻で累計発行部数が4,000万部超という人気コミック「キングダム」(原泰久/集英社)。

4月19日に公開されて以来快調に動員数を伸ばし、27日までに動員100万人、興行収入14億円という大ヒットを記録。さらに、WEBで行われたアンケートでは満足度95%超という結果が報告されている。

舞台あいさつにはまず、山崎と吉沢が登壇した。100万人動員の一報を受け、山崎は「すげー!!」と大喜び。「たくさんの人からメッセージをもらって。反響すごいです。“心震えました”とか、原作ファンの方からも“めちゃめちゃ面白かった”“信そのものだった”と言ってもらえて、とてもうれしかった。ここまでお世話になった人たちがいて、こういう大舞台に連れてきてもらえた。代表作になればいいなと思って撮影中も挑んでいたし、代表作になったかな」と笑顔を見せた。

山崎とは今回が4回目の共演となった吉沢も、「役者友達からも今までないくらい(反響が)来たりします」と明かし、「自分にとってターニングポイントになればと思いながら撮影していたので、結果が残せているのはうれしい」と、こちらも手ごたえを感じている様子。

命がけの信に“ラスボス”左慈役・坂口拓もドキリ! (2/2)

映画「キングダム」
全国東宝系にて公開中

山﨑賢人写真集『KENTO YAMAZAKI』
撮影/荒木勇人
発売中    
価格 /3240円(税込み)
仕様 /A4ワイド・144P 
発売 /株式会社KADOKAWA

【山崎賢人『KENTO YAMAZAKI」オリジナルグッズ販売購入リンク】
↓スターダストネットでの購入はこちら!

↓Amazonでの購入はこちら!

↓カドカワストアでの購入はこちら!

↓HMV&BOOKS での購入はこちら!

関連番組

関連ニュース

画像で見るニュース