「やすらぎ」の“永遠のマドンナ” “姫”こと八千草薫が 「刻(とき)」初登場! 石坂浩二の夢枕に立って 「ねぇ~」でお小言

2019/05/06 06:00 配信

ドラマ

八千草薫が「やすらぎの刻~道」に初登場!

八千草薫が「やすらぎの刻~道」に初登場!

5月27日(月)放送の「やすらぎの刻(とき)~道」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)に、八千草薫が前作「やすらぎの郷」(2017年)の九条摂子役で出演することが分かった。

前作「やすらぎの郷」のその後の人間模様と、石坂浩二演じる主人公・菊村栄がシナリオを綴るドラマ「道」の物語が並行して描かれる「やすらぎの刻~道」。今回5月27日(月)放送の第8週、第36話に「やすらぎの郷」で“姫”の愛称で親しまれてきた九条摂子(八千草)が、栄の亡き妻・律子(風吹ジュン)とともに、栄の夢の中に登場する。

登場シーンは、その日施設の新コンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)と鎌倉デートを楽しみ浮かれていた栄の夢枕に、摂子と律子が登場し、2人そろってやんわりお小言を言うというもの。前作でも懐かしい口ぐせ「ねぇ~」を連発しながら、栄の邪念をたしなめていく展開で、エリのことで頭がいっぱいになっていた栄を、もういちど「道」のシナリオ執筆に向かわせる大きな役目を果たしていく。 

去る2月、体調不良により「道」パートのヒロイン・しの役の降板を発表した八千草だったが、今回のシーンは、降板を決定する前に撮影したもの。収録は終始和やかなムードで行われ、合間には石坂浩二、風吹ジュンと3ショットの記念写真も撮影。

八千草は「道」降板決定後も意欲的に追加撮影に参加しており、今後も九条摂子として度々「やすらぎ」パートに登場するという。

帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」
毎週月~金曜昼0:30-0:50
テレビ朝日系で放送
※BS朝日では毎週月~金曜朝7:40-8:00

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース