浜辺美波、“令和”のスタートに痛恨の天然ミスも「この映画に賭けてほしいです」

2019/05/04 21:37 配信

映画

「映画 賭ケグルイ」の初日舞台あいさつに伊藤万理華、福原遥、森川葵、浜辺美波、高杉真宙、池田エライザ、松田るか、英勉監督(写真左から)が登壇

「映画 賭ケグルイ」の初日舞台あいさつに伊藤万理華、福原遥、森川葵、浜辺美波、高杉真宙、池田エライザ、松田るか、英勉監督(写真左から)が登壇

浜辺美波が、5月3日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「映画 賭ケグルイ」初日舞台あいさつに登壇。高杉真宙、森川葵、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督と共に撮影中のエピソードなどを語った。

河本ほむら原作、尚村透作画の「賭ケグルイ」は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載されている、シリーズ累計500万部を突破した大ヒット漫画。

2019年4月期にドラマのseason2が、MBS・TBS“ドラマイズム枠”で放送された。

「映画 賭ケグルイ」は、原作者・河本が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。

ギャンブルの強さがすべての私立百花王学園を舞台に、リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”の転校生・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ/浜辺)が、学園を支配する生徒会が送り込む百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちと、さまざまなギャンブルで死闘を繰り広げる。

浜辺美波の天然ミスから始まった「賭ケグルイ」舞台あいさつ

この日の舞台あいさつは、キャスト陣が客席通路を歩いての登壇になるはずだったが、扉から一番に姿を現した浜辺が客席端の通路を1人で歩いていくという天然ミス。

高杉や森川らに呼び止められ、慌てて本来の正しい導線に戻るというハプニングからの幕開けに。

その浜辺は、座長としての手応えを聞かれ「最初の登場で分かったと思いますが、主演として引っ張ったかどうかはさておき、楽しく作り上げることができました。映画になるのはうれしいことだけど、面白くもあり、不思議な感じ。こうやって、みんなで舞台あいさつをやるのも面白い」と笑顔を見せる。

鈴井涼太役・高杉は今回、プレイヤーとしてギャンブルに挑戦。「いい気分でした。いい舞台に立って、いいせりふを言う感じがあった。照明も当たって気持ちが良かった~」とうれしそう。

早乙女芽亜里(さおとめめあり)役・森川は、ギャンブルバトルシーンについて「『アドリブ?』と聞かれることが多いけれど、ほぼほぼせりふは台本通り」と明かす。

その森川の熱演を、歩火樹絵里(あるきびじゅえり)役・福原は「お芝居を通り越したような動きがすごくて、目を真ん丸にして見ていました。笑いをこらえるのも必死だった」と振り返った。

生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)役・池田は、今回が英監督と3度目のタッグ。

「英監督からの細かい演出はなくて、『どうする?』みたいな。私が原作ファンということもあり、忠実にやりたかった。ファンだからこそ自信のない部分もあるけれど、やれるだけはやりました」と話す。

また、福原は「season1を視聴者として楽しんでいた分、芝居するのが怖かった。でも、この世界に入れる感動もあって、恐怖も緊張感もなく楽しんでできました」と、手応えを感じた様子。

キャスト陣の“賭けたい勝負”“挑戦したいこと”は? (2/2)

「映画 賭ケグルイ」
5月3日(金)東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

<スタッフ>
監督:英勉 脚本:高野水登、英勉
原作:河本ほむら、尚村透(月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス)
シナリオ原案:武野光、河本ほむら(小説:「賭ケグルイ戯」)
シナリオ監修:河本ほむら ゲーム監修:オインクゲームズ
主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music)
オープニングテーマ:PassCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
配給:ギャガ

<出演>
浜辺美波、高杉真宙、森川葵、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華
松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友理(乃木坂46)、小野寺晃良 
池田エライザ、中村ゆりか、三戸なつめ、矢本悠馬

【HP】kakegurui.jp

◆2019年春ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース