テレ朝“平成最後の4月”全日帯視聴率トップ「緊急取調室」「特捜9」などドラマ好調

2019/05/08 10:07 配信

芸能一般

「緊急取調室」制作発表会見

「緊急取調室」制作発表会見

2019年4月―テレビ朝日が全日帯(午前6時~深夜0時=24時)で7.6%を記録し、全局でトップを獲得(※4月1日~28日、ビデオリサーチ調べ、関東地区/NTVと同率首位)した。

平成最後の月間で有終の美を飾り、新時代・令和へ好スタートを切った。

春の連ドラが絶好調! 3作品が民放連ドラ平均視聴率トップ3を独占!

月間全日視聴率トップの原動力となったのは、4月期連続ドラマの好発進。

天海祐希主演の木曜ドラマ「緊急取調室」が初回15.2%で、4月クール民放連続ドラマ14作品中トップタイ。2年ぶりシリーズ3作目である同作が、圧倒的な強さを見せた。

2シーズン目を迎えた井ノ原快彦主演「特捜9」は、「緊急取調室」と同様に初回15.2%でトップを獲得。

また、開局60周年を記念し、通年で放送中の木曜ミステリー「科捜研の女」は初回13.7%で4位をマークし、シリーズ20年の貫録。

テレビ朝日の3作品が、民放連ドラ初回視聴率トップ5にランクインした。

さらに、金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」も初回8.2%と、同枠としては2年半ぶりの高さでスタート。土曜ナイトドラマ「東京独身男子」も初回5.7%で同枠初回の自己最高を記録。

そして、巨匠・倉本聰氏が1年間にわたって描く壮大な物語、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」は初回6.7%を獲得、注目度の高さをうかがわせる結果が。まさに、“ドラマのテレビ朝日”が躍動した4月となった。

また、4月クール民放連続ドラマ平均視聴率でも、1位に木曜ドラマ「緊急取調室」が13.5%、2位に木曜ミステリー「科捜研の女」が13.3%、3位に「特捜9」が13.2%で上位3位を独占。

新バラエティーも好調なスタート!日曜夜は強固な“流れ”で、快進撃 (2/5)

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース