MC3本! 絶好調の南キャン山里亮太の現在地「自信の根本はラジオ」<単独インタビュー>

2019/06/05 12:00 配信

山里亮太
山里亮太


これまでのレギュラー番組に加え、現在「逆転人生」(NHK総合)、「メイドインジャパン!」(TBS系)、「ひねくれ3」(テレビ東京系)の3つの新番組でMCを担当するほか、実在の女優、アイドルをモデルとした短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」(東京ニュース通信社)を上梓するなど、ここにきて大躍進を遂げる南海キャンディーズ山里亮太。今回のインタビューでは、テレビでのMC、執筆活動、ラジオパーソナリティーなど、八面六臂の活躍を見せる自身の現在地を再確認してもらいつつ、今後の展望についても語ってもらった。

今の状況は「超ラッキーですね」


山里亮太
山里亮太


――新番組3本でMCを務めるなど、絶好調な山里さんですが、自身ではこの状況をどう捉えていますか?

「超ラッキーですね。関わらせていただく番組が全て面白いので、そこにMCとして自分を置いてもらえるというのは、どんだけ運がいいんだよって思います」

――引っ張りだこの要因は、どこにあると思われますか?

「ここが評価されて…とかじゃないと思います。2つは単発でMCをした番組で、そのままレギュラーでも呼んでもらえたっていう流れですから、その縁やラッキーさに、感謝しかないですね」

――これまでの実績や実力も評価されての抜擢でもあると思いますが、MCを務めるうえで、今でも難しいと感じるところは?

「時間の都合とか、僕の仕切りが悪くて、喋れない人がいたときは、『もっと振ってあげられたらよかったな』って思いますね。政治家の方やコメンテーターの方、学者の方たちは、知識があるから喋り続けるんですよ。オンエアではカットされているんだけど、だったらMCがポンと切ってあげたいけど、切るほど知識量も技術もない。それで喋り終わるのを待ったり、喋りを受けて『なるほど。〇〇さん、どう思います?』って流しちゃったりしたときは、勉強不足だったなって思いますね」

――例えば、尊敬するMCは?

「今、MCをやられている方、みなさん尊敬していますけど、直接ご一緒する機会がある方だと、中居正広さんは素晴らしいですし、加藤浩次さん、東野幸治さん、くりぃむしちゅーの上田晋也さんとかすごいですね。もちろん、明石家さんまさんは、言わずもがな神様です」

――そんな方たちからMC術を学ぶことも?

「もちろん、吸収させてもらおうと思っています。中居さんの遊び具合とか面白いですし、加藤さんの視野の広さとか、東野さんのいやらしい質問の仕方とか。さんまさんだと、よく『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にドラマチームが来たときに、むちゃくちゃ笑いが起きて、みんなすげーなって思うんです。でも、もう一回見てみたら、『あれ、みんな普通の話をしている』って。さんまさんの錬金術で面白くしているのかと思うと、化け物ですよね」

関連番組

関連人物