ロック史にその名を刻んだ“女性バンド”たちに迫ったドキュメンタリー2作品が発売決定!

2019/05/09 19:06 配信

音楽

世界初の“女性のみのパンクロックグループ”、ザ・スリッツ(The Slits)のドキュメンタリー『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』と、“グランジ/オルタナの女王”と呼ばれた女性4人組ロックバンド・L7のドキュメンタリー『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』のBlu-Ray&DVDが、7月10日(水)に揃って発売されることが決定した。

あのマドンナにも影響を与えた「伝説のパンクバンド」の素顔とは?

パンクバンド・The Slitsのドキュメンタリー『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』

パンクバンド・The Slitsのドキュメンタリー『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』

スリッツは、70年代中ごろイギリス・ロンドンにて結成されたバンド。ボーカルのアリ・アップを中心に、当時イギリス全土を席巻していたパンクロックムーブメントの渦中で、当時は珍しかった‘女性のみのパンクバンド”として活動を開始。

セックス・ピストルズやザ・クラッシュなど、「ロンドン・パンク」シーンの最重要バンドたちとも交流を持つ反面、名盤と名高いファーストアルバム『CUT』では、ジャマイカのレゲエやダブといった音楽にも傾倒。

その自由かつ奔放な音楽性で、その後の「ニュー・ウェーヴ/ポスト・パンク」シーンに先鞭をつけるなど、多くのアーティストに多大な影響を与えた。

【写真を見る】2010年に他界したボーカル、アリ・アップのエネルギッシュなパフォーマンス映像も!

【写真を見る】2010年に他界したボーカル、アリ・アップのエネルギッシュなパフォーマンス映像も!

ドキュメンタリー映画『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』は、バンド結成時から解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の制作中にアリ・アップががんで亡くなるまでを余すところなく網羅。

歴代のバンドメンバーや、当時を知るファンらによる証言、そして彼女たちに影響を受けた世代へのインタビューなどを通して、スリッツがいかに進化し、世界中の人々に影響を与えていったのかが描かれる。

なお、多くのファンからの根強いリクエストを受けて、東京・早稲田松竹にて本作が5月18日(土)から1週間限定で上映されることも決定。ぜひ劇場の爆音で、彼女たちの音楽と生きざまに触れてみよう。

Hi-STANDARDとも共演したあのバンドの歴史に迫る! (2/2)

「ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード」
7月10日(水)発売
Blu-ray:¥4,800+税
DVD:¥3,800+税

「L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド」
7月10日(水)発売
Blu-ray:¥4,800+税
DVD:¥3,800+税

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース