小日向文世、ダー子とボクちゃんのロマンスを「親目線」で予想!

2019/05/17 08:00 配信

映画

5月17日(金)公開の映画「コンフィデンスマンJP」に出演する小日向文世

5月17日(金)公開の映画「コンフィデンスマンJP」に出演する小日向文世

撮影=西村康

信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちの暗躍を描いた華麗なる痛快コメディー「コンフィデンスマンJP」(2018年フジテレビ系)が、映画「コンフィデンスマンJP」となって5月17日(金)に公開。その翌日、18日(土)にはスペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」(フジテレビ系)も放送される。

今回は、ヒロインの詐欺師・ダー子(長澤まさみ)の父親的存在とも言える詐欺師仲間・リチャードを演じる小日向文世にインタビューした。

信用詐欺師で善人から悪人までを見事に演じる変装の達人・リチャード(小日向文世)

信用詐欺師で善人から悪人までを見事に演じる変装の達人・リチャード(小日向文世)

(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ドラマも映画も、全部が一つの大きなストーリー

――連ドラの人気を受け、香港ロケを敢行した映画版、そしてSPドラマと立て続けに公開&放送されます。それぞれ、同じ世界観の中で時系列もシャッフルされていて、非常に見応えがありそうですね。

複雑なお話なので、連続ドラマの時は10本撮るのがもう、僕らもヘトヘトになって、最終回のころは顔を見るのもイヤだってくらい大変で…あ、そんなことないか?(笑)。

でも本当にエネルギーのいる作品でした。毎回毎回、よくこんなストーリーが思い付くなと思いつつ、さぁ映画ではそれを超えるものが、という期待もある。でも実際に映画の脚本を読んだ時、僕自身、既にだまされましたよ。それに実は僕、外国ロケってあんまり好きじゃないけど、画になって見てみると、今回は香港ロケが効いてるなって思う、すごくゴージャスな感じになってましたね。

これは、ドラマを見続けてくれた人が映画を見たときにきっと満足してくれるんじゃないかなっていう確信がありました。

――香港ロケでの思い出はありますか?

僕、実は滞在2日だけなんですよ。お土産は着いた日に買ったの(笑)。でも本当にいいところでしたね! 

映画「コンフィデンスマンJP」
5月17日(金)公開
配給=東宝
監督=田中亮/脚本=古沢良太/出演=長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、小日向文世、竹内結子、三浦春馬、江口洋介ほか
【公式サイト】http://confidenceman-movie.com

スペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」
5月18日(土) 夜9:00-11:10 フジテレビ系

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース